iSkysoft > 最新Mac情報>

OS X Yosemiteの新機能まとめ

Mac OS X Yosemiteでどう変わったのか

  

使いやすさとシンプルなデザインで常に最先端を行くApple社のMacパソコン。 そんなMac OS X Mavericksがこの2014年秋にMac OS X Yosemiteになって新登場します。 Mac OS X MavericksからMac OS X Yosemiteとなる事でどこがどう変わったのか、簡単に紹介して行きたいと思います。

1

最初に目に入るのは、従来のMavericksと違うインターフェースでしょう。
Mavericksではアイコンやウィンドウ、画面上部のメニューがどこか光沢を帯びていたような色合い、グラデーションがかかっていて立体的に見えていたような感覚でした。Yosemiteではアイコンやウィンドウ、画面上部のメニューがMavericksの時よりソフトな色合いになりました。どこか温かさを感じるようなイメージです。
フォントにも変更があり、Mavericksより少し見やすくなったような印象を受けます。

また、ウィンドウを開くと一部箇所が半透明になって背景にあるものが透けて見えたりするようになりました。
透けて見えるようになった事でウィンドウの前後に別の何かが存在するんだと言う、立体感を感じる事ができるように。

2

さらにはSafariなど一部アプリを開けばMavericksの時よりも表示されている範囲が広くなりました。
ツールバーで二行分のスペースを取っていたものがグッと一行に凝縮された事で、わずかではありますが、表示スペースが広がる事になったわけです。
無駄を省いたと言えますが、さすがAppleと思うAppleらしい変更点です。
その他に、通知センターによって得られる情報量が増えた事で、日付や天気、各地の時計などが一目でわかるようになりました。

3

そして、新機能としてYosemiteと同時期に登場のiPhone 6に搭載されているiOS 8によって、Mac OS X YosemiteとiPhone(iOS 8)が近くにあれば、その二つによる連携を体験する事ができるようになります。
例えば、iPhoneでメッセージのやり取りをする場合、iPhoneを手に持って行う事は必然でした。
それが今度からはMacでも同じ内容が表示されるようになり、Macからでもやり取りの対応ができるようになりました。

4

それだけではありません。Macから電話をかける事もできるようになります。
連携する事でiPhoneの電話機能をMacで使う事ができるのです。
肝心な操作や設定ももちろん、何一つ難しさを感じさせないものになっています。

5

また、Macで行っていた作業をiPhoneやiPadで引き継ぐ事ができるHandoff機能やWi-fiがない場所からでもiPhoneがあれば、Macでインターネットを利用する事ができるようにもなります。 iPhoneの通信環境とバッテリーもMacの方で確認ができるようになっています。 さらにはファイルをiCloud Driveに保存すれば、iCloud.comにサインインする事で他のMacやiPhone、iPadでも同じファイルを開いたりする事ができるようになります。

常に一歩先、二歩先を見据えるAppleならではのMac OS X Yosemiteはそれ単体だけじゃなく、iPhoneとの密な連携によって私たちの生活はより快適に、充実したものになる事は間違いないと見ていいでしょう。

お勧め製品

万能データ復元!for Mac

万能データ復元!for Mac

8980円
7680円

削除されたデータ、フォーマットされたデータ、消えてしまったデータを完全に復元します。


究極動画音楽変換 for Mac

究極動画音楽変換 for Mac

7980円
6380円

究極のオールインワンDVDおよびビデオソリューションを提供。

人気記事

Back to top