Mac OS X Yosemiteに対応する「PDF編集 for Mac」でPDFファイルを編集

もうご存知の方も多いと思いますが、Yosemite はMac OS XシリーズのOS X 10.10という最新バージョンです。 Yosemite は重点をiOSとの連係強化に置おいた事で注目が集まりましたが、MarkupというPDFファイルを編集できる機能の追加にも注目が集まり、仕事などでPDFファイルを活用されているMacユーザーにとっては無くてはならない存在となりそうです。 PDFファイルを編集するシーンとして、メールに添付されてきた書類に間違いがあり、修正しようと思ったがPDFファイルの為できないといったシーンや、メールに添付されてきた資料に画像を追加しようとしたが、PDFファイルの為にできないといったシーンがあります。 そのようなシーンもYosemiteのMarkup機能を使えば文字の修正や画像の追加も問題なくできます。

しかし、Markup機能は簡単な編集機能しかなく、より細かな編集をしたい方にはiSkysoft「PDF編集 for Macというソフトがお勧めで、様々な機能があり、PDFファイルを満足いくものに仕上げることができます。このソフトを使って、簡単にMac iOS X 10.10 YosemiteでPDFファイルのテキストの編集、追加、削除および移動などをできます。画像の追加やリンクの追加なども自由にできます。PDFファイルの編集の機能を搭載するだけではなく、PDF変換とPDF作成もできます。Mac iOS X 10.10 Yosemite(ヨセミテ)でお使いのPDFファイルを編集しましょう!

iSkysoft pdf 編集 

Mac OS X YosemiteでPDFファイルを編集する手順

Step 1 Yosemiteに対応するiSkysoft「PDF編集 for Mac」でPDFファイルを開ける

「PDF編集 for Mac」をダウンロードし、インストールします。そして、このソフトを起動させます。「PDF編集 for Mac」の画面を表示させ、「ファイルを開く」アイコンをクリックし、編集したいファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。

YosemiteでPDFファイルを開く

Step 2 Mac OS X YosemiteでPDFファイルを編集

文字を編集: ツールバーにある「編集」ボタンをクリックし、その際にフォント、色、サイズの選択もできます。 既存の文字を修正したい場合、編集可能なブロックであれば、文字を編集することができます。 追加したテキストや既存の文字を選択し、移動、コピー、貼り付け、削除をおこなう事もできます。

PDFを編集

PDFにマークアップを追加: 「マークアップ」ボタンをクリックし、PDFファイルのテキストにハイライト、アンダーライン、取り消し線などを追加できます。

 PDFにマークアップを追加 Yosemite

PDFファイルに注釈を追加: ツールバーにある「注釈」アイコンを移動し、PDFの文字に注釈を追加できます。

PDFファイルに注釈を追加

PDFファイルに画像を追加・編集: ツールバーにある「編集」から「画像の挿入」をクリックし、画像を追加できます。 「画像の取りきり」をクリックし、画像を削除できます。

PDFファイルに画像を追加・編集 Yosemite

PDFページを編集: ツールバーにある「編集ツール」をクリックし、ページの挿入、ページの切り取り、ページの削除などをできます。

PDFページを編集 Yosemite

Step 3 Mac OS X YosemiteでPDFフォームに入力

PDFフォームをソフトにインポートしたら、ツールバーにある「テキストの追加」ボタンをクリックし、PDFファイルに文字を追加できます

Mac OS X YosemiteでPDFフォームに入力

Step 4 Mac OS X YosemiteでPDFファイルをWordに変換

「変換」ボタンをクリックし、ファイル名、形式、ページの範囲、出力フォルダの選択ができます。「変換」アイコンをクリックし、変換作業を開始します。

Mac OS X YosemiteでPDFファイルをWordに

このように、「PDF編集 for Mac」でPDFファイルを編集する方法を紹介しましたが、他にも紹介しきれないほど多くの編集方法があります。 OS X 10.10にバージョンアップした際には是非使ってみてはいかがでしょうか。

必要になるもの:

評価:

使いやすい

Back to top