Mac App Storeの使い方

■Mac App Storeについて

パソコンを購入する際は価格が高ければ良いのではなく、自分が使用する範ちゅうの性能で使いやすい物を選ぶことが得策です。そんな自身が使いやすいと思って購入したパソコンでも使用していく中で、段々と効率性など様々なソフトの必要性の考えが沸いてくると思います。

その時にネット上を散策し、数多くのソフトを試すことも自分に合ったものを見つける手だとは思いますが、Macをお使いの方は是非、立ち寄って頂きたいサイトがあります。それがMac App Storeです。


Mac App StoreはAppleが作成しているソフトにより、何かとありがちなインストール後のパソコンの動作に対する心配はいりません。

■Mac App Storeの使い方

Mac App Storeはバージョンなどの関係で利用できない可能性もあるため、その点は事前にお持ちのMacの確認をしていただければと思います。そして、ネット上でMacの製品などを購入するための最初の作業がApple IDの登録です。メールアドレスやパスワードの入力など、登録事項は他のネットサービスを利用するのと同様で登録は短時間で済みます。Apple IDの登録が完了したところで、いよいよMacの製品を探す作業へと移ります。


Mac App Storeという1つの空間ではありますが、目を見張るほど大量のソフトがあるのは事実です。そのため、検索も自分での入力はもちろん、カテゴリ別や人気順で素早くストア内のソフトを閲覧できます。


例えば、ビデオや動画のカテゴリで検索すれば、Final Cut Pro Xなど関連したソフトが複数出てくるはずです。最後のソフトの購入については、無料のソフトはダウンロードをしてそのまま作業は完了になります。また、有料のソフトはクレジットカードや最近、ゲームなどにも利用されている金額分の専用プリペイドカードで支払う2つの形式からになります。 そして、Mac App Storeの便利な点はアップデートもしっかりと対応し、購入したソフトは2台目以降のMacでも自由に使うことが可能になっています。


Macも個人個人で活用の仕方も違うと思いますが、Mac App Storeなら皆さんがこれまでよりもスムーズに作業ができる代物が見つかるはずです。ですので、新しくソフトの購入を考えている方は一度Mac App Storeを見た上で是非、利用していただきたいと思います。

Back to top