iSkysoft > iPhone復元>

UIが大きく変更したiTunes 12がリリース!!

UIが大きく変更したiTunes 12がリリース!!

  

先日の1月30日より、iTunes12.1が配信開始されました。早速アップデートした方、アップデートするべきか悩んでいる方、様子見に徹している方と様々かと思いますが、実際アップデートすることで、どこがどんな風に変わるのでしょうか?

この記事では、変更内容について紹介していきたいと思います。

Mac版iTunesはOS X Yosemite通知センターの為のウィジェットを表示させることが可能に

ウィジェットを使って簡単に曲の再生や停止を行えるようになり、喜んでいるユーザーが多数!しかし海外ユーザーの中には、『iTunesが立ち上がっていないとウィジェットが動かない、これでは意味がないのでは?』という声もみられます。また、ウィジェット上にアートワークが表示されないので、その点を惜しいと指摘するユーザーもいました。 また、現在まだ日本では配信されていないiTunesRadio使用時の再生楽曲確認や、再生中楽曲をウィジェット上から購入出来るようになる機能も今後追加されるようです。普段からラジオをよく聞く方は、追加が待ち遠しくなってしまいますね。

まだまだ未知数の新機能であるiTunesウィジェット。今後のアップデートでの改良に期待です。

iTunes12.1の変更内容

Win版では64bit完全対応に

iTunesは今回のアップデートで、WindowsVista/7/8といった64bitの完全対応アプリケーションになりました。これは、32bitより64bitが主流になってきた昨今、当然の流れともいえるでしょう。しかし一部のネットユーザー達には『64bit対応にしたところで誰得?』なんて言われていたりしています。また、32bitPCを利用している方のアップデートは、もしかしたらバグ等の為に危険なのではないか、という声もみられました。

64bitや32bitという言葉の意味がよくわからない人は、『とりあえず何か対応したらしい』ぐらいに思っておけばいいと思います。

iTunes12.1の変更内容

iPhone/iPad/iPod touch同期時のパフォーマンスの改善

iPhoneやiPadなどとiTunesを同期させたときの、同期に掛かる時間が短くなった、というツイートをTwitter上で発見しました。実際、筆者もiOS8.1.2のiPhoneとWin版iTunes12.1を同期させてみましたが、確かに、同期に掛かる時間が若干短くなったような気がします(あくまで筆者の個人的な意見です)。

ですが、iOS8.1.2のiPhoneとWin版iTunes12.1を同期させた結果、iPhoneで撮影し、その後削除した写真や動画が全て復元されてしまう、というバグに遭遇。本当に改善したの?改悪じゃないの?とちょっと言いたくなってしまいました。

Win版iTunes12.1とiOS8.1.2の相性が悪いのではないかと見立てていますが、真相は不明です。

iTunes12.1の変更内容

ウィジェット機能が追加された

Mac版のiTunes12.1は、ウィジェット機能が追加されたこともありますので、新機能が使える=アップデートの価値有りと言えそうですが、Win版に関しては、Win8.xにおいて音飛びのバグが多数報告されていることもあり、マイナス部分はあってもプラスになる部分がない、と言えるかもしれません。まだアップデートしていない方はそのまま旧バージョンを利用し続けたほうが良いでしょう。

iTunes12.1の変更内容

デジカメで撮影した写真は大事な思い出です。ですから、消えてしまったら大変!もしあなたのデジカメのデータが消えてしまった時は、迷わず『iSkysoft 万能データ復元!for Windows』を利用してください。このソフトなら、きっとあなたの期待に応えることが出来ます!

  • 万能データ復元 for Windows
  • 万能データ復元 for Mac

 

お勧め製品

iTransfer for Mac

iTransfer for Mac

6580円
4500円

iOSやAndroidデバイスや、PCの間で気軽に音楽、写真、アプリ、連絡先・SMSなどを転送・管理できる多機能スマホ管理ソフト!


万能データ復元! for Windows

万能データ復元! for Windows

4980円
4280円

削除されたデータ、フォーマットされたデータ、消えてしまったデータを完全に復元します。

人気記事

Back to top