iSkysoft > 各形式の動画編集>

MacでiTunes動画を編集

Mac用のiTunes編集ソフトを使ってMac上でiTunesファイルを編集する方法

  

iTunesは、コンピュータ上でメディアファイルを整理し、管理する際の助力となるアプリケーションです。このチュートリアルでは、iTunesのビデオでもっと色々な事ができるようになる方法をお教えします。

iTunesのファイルを編集するには、次のような優良なビデオエディタが必要です。

  • iSkysoft「動画編集 for Macは直感的に操作できるiTunesのビデオエディタです。このMacのプログラムを使用すると、トリミング、トリミング、マージ、画像の回転などが簡単に出来、これ以外の機能も使ってご自身のファイルも編集できます。
  • アップルによって開発されたiMovieは、便利な編集機能をいくつも提供しています。しかしインポートできるビデオ形式は、いくつかに限定されています。MOV、MP4、M4Vや、iMovieでも編集可能な特別なカメラで撮られたいくつかのビデオ。こうしたものだけになります。

  • Final Cut ProもAppleによって開発されたソフトです。iMovieやVideo Studio Expressよりもはるかに複雑ですが、その強力な編集機能のためにプロから好まれています。

    iTunesのファイルを編集するには、何よりもまず該当のビデオファイルのあるフォルダを見つける必要があります。

パート1:iSkysoft「動画編集 for Mac」でMacでiTunesファイルを編集

「動画編集 for Mac」を使ってiTunesのビデオを編集するには、何度かクリックしてドラッグするだけですみます。

 幅広くサポートされたフォーマットなので、どんな種類の人気あるビデオ形式だろうが、Mac上で対応して編集できます。

ソフトをダウンロードした後で、元となるiTunesのビデオをMacのプログラムにドラッグ&ドロップします。

iTunesのビデオをトリミングしてマージする

インポートされたビデオをクリックし、再生ヘッドをカットしたいところに移動します。そして、「スプリット」ボタンをクリックし、カットしたい部分を選択し、右クリックし、「削除」を選択します。

AVIビデオをトリミング

エフェクトを適用する

このソフトには、古い映画のように見える素晴らしいエフェクトをつけたり、コントラストや多様な機能によってビデオをより良いものにできます。

もしバースディパーティーでいくつかビデオを撮影したなら、それを一つにまとめたり、以前に撮ったパーティのビデオを古い映画のような効果を適用することで映画作品のように仕上げることができます。

編集したい動画をクリックしてから、「エフェクト」ボタンをクリックし、設定できます。

エフェクトなどを設定

オーディオトラックをカスタマイズする

時には、ビデオには取り除きたくなるようなうるさい雑音が含まれていることがあります。その場合は右側のビデオクリップをクリックして、ビデオとオーディオトラックのリンクを解除したり、不要なトラックを削除できます。またそこに好きな曲をドラッグすることで、バックグラウンドミュージックとして設定できます。

パート2:iMovieを使って、MacでiTunes動画を編集

iTunes、iMovie、Final Cut Proなどこれら全てはアップルによって開発されました。iTunesのファイルはiMovieとの高い互換性があります。このため直接iTunesのファイルをiMovieやFinal Cut Proにインポートし、編集できます。iMovieを使って、Macで動画を編集

詳しい操作デモをご参考ください。

 

お勧め製品

スライドショーメーカー for Mac

スライドショーメーカー for Mac

5980円
4980円

写真を使ってオリジナルのスライドを作成し、DVD、YouTube、Mac HD、Facebook、iPadなどで家族や友人と共有。


究極動画音楽変換 for Mac

究極動画音楽変換 for Mac

7980円
6380円

究極のオールインワンDVDおよびビデオソリューションを提供。

人気記事

Back to top