Mac OS XでiTunesにCDをインポートする方法

feature

音楽をといえば、少し前まではMDプレーヤーなどが場所を選ばずに手軽に聴ける方法だったと思いますが、時代は流れて今ではコンパクトなiPhoneやiPodを片手に聴けるようになっています。そんな中、MDプレーヤーで聴いていた曲も今いちおしの歌手の曲もCDがあれば、簡単にiPhoneやiPodで聴くことできます。しかし、それをするには最初にパソコンからiTunesでCDの曲を読み込む作業が必須になるので、パソコン操作に慣れていない方は不安も大きいかと思います。そこで、今回はMac OS XでiTunesにCDをインポートする方法を紹介していきます。


Part1.iTunesを立ち上げ、「環境設定」を行う、確認

iTunesを事前にMacへインストールしていることを前提として、まずはiTunesを立ち上げていきます。次に、読み込みたいCDをMacにセットしてもいいのですが、その前にiTunesで念のために確認しておくべきことがあります。そのため、一度デスクトップ上のメニューバーにある「iTunes」の項目から「環境設定」をクリックしていきます。そこで表示されるウィンドウから「一般」に移り、その中にある画面下の「読み込み設定」をクリックすることで、インポートのついての細かな設定ができます。ここで大切な事柄は曲をインポートする時の形式で好みの部分もありますが、MP3という形式なら音質も良い状態で保存サイズも小さくなります。

Part2.CDのインポート作業を行って行く

こうした確認が終了したところで、本格的にCDのインポート作業を行っていきましょう。お使いのMacにCDをセットすると、しばらくしてCDが読み込まれて曲の情報がiTunes上に全て表示されます。本来ならこの段階でCDの曲をインポートすることもできますが、アルバムCDの中には既にiTunes内にある曲、あまり聞くことの少ない曲もあるかと思います。それらは画面上の曲番号の隣にあるチェックマークを外してインポートの対象外にすることもできます。

Part3. iTunesへ曲が取り込まれて行く

最終的なCDのインポートは画面右上の「インポート」ボタンから行い、先ほど設定したインポートの形式など確認した後でいよいよiTunesへ曲が取り込まれていきます。そして、インポートが完了した曲は「ライブラリ」から「ミュージック」の画面に移動をして確認ができますし、曲名などの変更もその場で可能になっています。

iPhoneやiPodでCDの曲を聴くには、これとは別にiTunesとの同期という作業が必要になるので、聴きたい曲はあらかじめiTunesにインポートしておくと作業が楽になります。このiTunesへのCDのインポート方法を把握すれば、iPhoneなどの活用法にもつながって音楽との生活がより身近になると思います。

Back to top