脱獄したiPhone8を復元して元に戻す入獄を可能にする

Oct 10,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

iPhone8にはさまざまな機能が備わっており、もはや脱獄するメリットはあまりないとも言われています。脱獄したiPhone8を元に戻す入獄は、できる場合もあれば、もはや無理である場合もあります。ケースバイケースですが、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」ソフトを使うと、比較的元の状態に復元しやすくなります。

iPhone8は、通常であれば、初期化すれば出荷時の状態に戻ります。しかし、脱獄した場合は、そうならないこともあります。
初期化しても元に戻らない場合は、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を使うのがおすすめです。かなりの確率で、出荷時の状態に戻すことができます。WindowsとMacの両方で利用可能です。購入すれば、永久ライセンスが取得でき、永久無償アップデートがなされます。
「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」は、基本的に初期化されたくない場合に使うものではありますが、初期化されても保存データが取り戻せるという特徴があり、iPhoneを出荷時の状態に戻したいときにも使えます。今後iPhone8に不具合が出るたびに利用でき、大いに役立つソフトと言えます。購入していつでも使える状態にしておくと、安心です。

脱獄したiPhone8を復元して元に戻す入獄する

iPhone8を出荷時の状態に戻すには、まずiPhone8とパソコンを、USBケーブルを使って接続します。

① ソフトを起動し、「起動障害から修復」を選択します。次の画面で「開始」をクリックしましょう。

システム修復を開始

② 次に「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアのパッケージをダウンロード

③ しばらくすると、「オペレーティングシステムの修復が完了しました」という表示が出ます。その下にある「完了」をクリックし、USBケーブルを外し、iPhone8を再起動させてみましょう。

iPhoneを修復

このソフトを使えば、バックアップファイルがなくても、iPhoneを出荷時の状態に戻すことができます。iPhoneを脱獄させてしまうと、中古品として売却することも難しくなりますし、修理が必要になっても引き受けてもらえないことがあります。iPhoneを脱獄させていたとしたら、このソフトを使って、元に戻しておくのがおすすめです。
「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」は、iPhoneが物理的に損傷しているのでさえなければ、ほとんどすべての不具合に対応できるソフトです。脱獄させたiPhoneを元に戻すという作業にも使えますし、初期化して不具合を解消しなくてはならないようなときにも対応できます。

パソコンもそうですが、OSに関わるところを改変してしまうと、不具合が生じやすくなります。OSはかなり複雑なものとなっていますから、相当な知識があっても、不具合に対応するのは困難なものとなります。それはハードウェアである、例えば電化製品でも同じです。
独自の修理をしてしまうと、メーカーの修理センターでも直せなくなることがあります。メーカーの修理センターのスタッフには相当な知識があるわけですが、それでもユーザーが独自に修理したものには対応できないことがあるわけです。ましてや、ソフトウェアの場合はなおさらです。
通常であれば、どのような不具合が起きても、物理的損傷がなければ、初期化することによって、iPhoneは元に戻ります。しかし、脱獄すると、そうもいかなくなります。「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」のようなソフトが必要になってきます。

 

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > 脱獄したiPhone8を復元して元に戻す入獄を可能にする
Top