iPhone8がリンゴマークのまま起動しない時の対処法

Oct 10,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

iPhoneがリンゴマークが出る原因

iPhone8を起動させようとしても、リンゴマークが出続けて起動しないという現象は、しばしば見られるようです。原因はいくつか考えられます。

①iOSのアップデートをおこなった際に、途中でWi-Fiが切れてしまったり、アップデート中に電池が切れたりしたために、iOSのアップデートが正常におこなわれなかった場合に、起動しなくなることがあります。
②また、それまでアイフォンを繰り返し強制終了させたりしていると、やはり起動しなくなったりします。強制終了は、やむを得ないときだけおこなうようにしましょう。頻繁におこなっていると、不具合が生じやすくなります。
③他に、起動するのに必要なファイルが破損しており、起動できなくなっているということも考えられます。
④また、iPhoneの容量が限界の状態で使い続けていると、起動できなくなることもあります。

原因はさまざまですが、とりあえずは起動できるように、対処してみることが大事です。

iPhone8がリンゴマークのまま起動しない時データを復元する方法

起動障害が起きた場合は、リカバリーモードにして解決するという方法もありますが、それだとiPhone8は初期化され、すべてのデータが消えてしまいます。バックアップをとっていれば別ですが、バックアップを取っていなかった場合、初期化はぜひとも避けたい事態です。
ただ、物理的な破損がなければ、初期化することでたいていの不具合はなおるため、最終的にはリカバリーモードにせざるを得なくなることも多いようです。それでも直らなければ、新品交換となりますが、そうなると、データがすべて失われてしまうだけでなく、新品交換までの期間、iPhone8が使えなくなります。1日たりともなしではいられないというユーザーが多いですから、それも避けたい事態です。
そうしたことをせずに済む方法があります。「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」というソフトを使えば、リカバリーモードにすることなく、起動障害をほぼ解決できます。

「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を利用して修復をした場合、iPhone8に保存してあるデータは保たれたままとなります。初期化する必要はなく、システムだけを修復できるため、バックアップをとっていなくても、データを失わずに済みます。もちろん、万が一ということはありますから、常にバックアップはとっておくに越したことはありません。ただ、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」というソフトを使えば、基本的にデータを保存したまま修復ができます。無料体験版がありますので、一度使って試してみましょう。

無料体験版をダウンロードし、インストールしたら、USBケーブルを使って、パソコンにiPhone8を接続します。接続しても認識しなかったら、一度接続を解除し、iPhone8の電源を切りましょう。そしてホームボタンを押したまま、再びパソコンとiPhone8を接続すると、リカバリーモードになり、認識をします。

① ソフトを起動して、起動障害から修復をクリックして、開始を押します。

システム修復を開始

② 次にダウンロードボタンを押します。

ファームウェアのパッケージをダウンロード

③ ダウンロードが済むと、iPhone起動障害からの復元が始まります。

iPhoneを修復

iPhone8を起動させようとしても、リンゴマークが出たままフリーズし、起動しない原因にはさまざまなことが考えられます。とりあえず再起動させ、使える状態にするためには、初期化しなければならないことも多いですが、バックアップをとっていなかったら、それはぜひとも避けたい事態です。そんなときに役立つのが、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」というソフトです。初期化することなく、修復できます。

 

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iPhone8がリンゴマークのまま起動しない時の対処法
Top