iPhoneリンゴループから復元する方法

Dec 20,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

iPhoneユーザーにとって、悪夢のような現象があります。それは、「リンゴループ」と言われています。どのような現象かというと、iPhoneの画面のアップルマークが表示されたまま正常に動かない、起動することができなくなってしまうのです。またはアップルマークと再起動が延々と繰り返されることもあります。頻繁に起こることではありませんが、起こってしまうと厄介です。アップルマークが見えているのに、何をしても正常に起動しないので、多くのユーザーが真っ青になってしまう状況です。

パソコンと接続し、iTunesでiOSのアップデートを行うなど、場合によっては復活できる可能性もあります。それでも回復しない場合は、iTunesに接続したのちにiOSを復元して対処することになります。ただ、この方法の問題点は、復元後にiPhoneが初期化されて、データが消えてしまうことです。

「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を使えば、iPhoneのリンゴループから復元することができます。データを失うこともないので、バックアップを取っていなかった場合など、どうしても初期化したくない時にお勧めです。ほとんどワンクリックでできてしまうほど手軽なので、リンゴループに絶望する前に、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

復元のプロセスに入る前に、トラブル防止のために下準備が必要です。まず、iTunesを最新のものにしておいてください。そして、復元中にバッテリーが切れてしまうと新たなトラブルの原因になるので注意してください。問題の機器のバッテリーの残量を確認し、少ないようであれば十分に充電しておいてください。それでは、修復を開始します。

iPhoneリンゴループから復元する方法

① ソフトを起動します。

問題が起こっているiPhoneを、パソコンに接続します。パソコンにインストールされている「iSkysoft Toolbox for iOS」ソフトを起動してください。
四角いアイコンが並んだメイン画面が表示されるので、左上の大きなアイコン「起動障害から修復」を、クリックしてください。
ここが、リンゴループのような起動時の障害を修復する機能のアイコンとなります。

ソフトを起動

② 接続した機器が認識されたら、「開始」ボタンをクリックします。使用中の機器の情報が表示されます。

システム修復を開始

③ 機器に対応したファームウェアが提供されるので、「ダウンロード」ボタンを押してください。

ダウンロード後、自動的に、起動障害の修復に入ります。

ファームウェアのパッケージをダウンロード

④ iPhoneを修復します。

ステータスバーが表示され、修復終了までの予想時間も表示されます。この時に、問題のiPhoneをケーブルから外したり、機能を使用したりしないでください。
修復が完了すると画面が切り替わり、「オペレーティングシステムの修復が完了しました」と表示されます。これでプロセスは終了です。

iPhoneを修復

多くの場合は、iOSのアップデート中のトラブルでiOSに問題が起きてこのような状態になるようです。例えば、iPhoneをパソコンでiTunesにつないでアップデートをしていたらケーブルが外れて中断されてしまった場合や、WiFiでアップデート中に電波の接続がなくなってしまった場合などに起こることが多いようです。または、脱獄している人のiPhoneにも起こりがちな現象なので、もし心当たりがあれば脱獄アプリがよくない動作をしていることなども疑ってみてください。アップデートの時にはiPhoneを使用しない、いじらない、動かさない、を心がけましょう。また、脱獄は十分に気をつけて覚悟を決めて行いましょう。定期的なバックアップをお勧めします。

リンゴループに限らず、iPhoneにはブルースクリーン、真っ黒い画面のまま起動しないなど、起動に問題が起こる可能性があります。「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」で、基本的にはリンゴループと同じ要領で復元する可能性があるので、諦めずに試してみてください。

 

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iPhoneリンゴループから復元する方法
Top