iPhone8/8Plusで動画が消えた時にデータを復元する

Sep 30,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

iPhone8/8Plusには高機能カメラが搭載されていますので、日常生活をはじめ、記念日などにムービーを撮影する方もいらっしゃるでしょう。
しかし、iPhone8/8Plusが故障したり、アクシデントで動画がiPhone8/8Plusから消えてしまうこともあり得ます。そうした場合、一般的にはiPhoneを使用したiCloudによる方法と、PCを利用したiTunesによる方法が知られています。ただし、こうした方法で動画を復活させるには、それぞれバックアップを行っていることが前提になります。
一方、バックアップをしていなかった場合でも、映像を復活できるソフトがあれば万が一の時も安心です。そこで今回は、iPhone8/8Plusで撮影した動画が消えてしまった時に、「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元」を使用して動画を復元する方法をご紹介します。

「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータ復元」を使えば、種類あるいはサイズ、画質などに関わらず、iPhone8/8Plusから消えた動画を復活させることができます。「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータ復元」の大きな特徴は、操作性がシンプルだという点です。操作性が優れている理由は、iPhone内のデータを復活させることに機能が絞られているためです。このソフトをインストールしておけば、不測の事態に陥っても慌てることはありません。
まず最初に、専用ソフトをパソコンにインストールしましょう。インストールしてソフトが起動すると、編集画面が示されます。


iPhone8/8Plusで動画が消えた時にデータを復元する方法

ステップ1.ソフトを起動してメニューを選択

「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータ復元」を起動すると、画面上には色々なメニューがありますが、 今回はiPhone8/8Plusで撮影した動画を復活するので「データ復元」のメニューをクリックしましょう。

iPhoneデータ復元

ステップ2.目的に合ったモードを指定する

「データ復元」をクリックすると、3つモードが用意されています。iOSデバイスから復活を行うモードと、iTunesまたはiCloudのそれぞれバックアップファイルから復活を行うモードがあります。
iPhone8/8Plusで撮影した動画が消えてしまっても、ユーザーの状況に合ったモードを指定することにより、簡単に元に戻すことができます。バックアップしていなかった場合は、「iOSデバイスから復元」のモードを選択して下さい。

次に、データを元通りにしたいiPhone8/8PlusをUSBケーブルを利用してパソコンに繋ぎましょう。続いて、復元するデータの種類を選ぶ画面上で、元通りにしたい項目を選びます。項目を選んだ後、画面に用意されている「スキャン開始」タブをクリックします。

iPhoneデータ復元

ステップ3.スキャンした分析結果で復活させたいものを選ぶ

スキャンでの分析が終わると、動画や写真などを含むiPhone内の全部のデータを一覧から確認することが可能になります。分析結果が出たら、プレビューしながら復活したいデータを選択してチェックを入れて下さい。その後、画面下にある「復元」というボタンをクリックすると、自動的に処理が開始されます。

iPhoneデータ復元

この処理が完了すれば、失ったデータが無事に復活しているはずです。「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータ復元」では、基本的に上記の手順に従って進めば、消えてしまった動画をスムーズに復活させることができます。

いかがでしたか。「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元」を利用するメリットは、バックアップから失った情報を取り戻すことが可能な上に、バックアップを取っていなかった場合でも、消えたデータを問題なく取り戻せるソフトです。先程触れた通り、一つずつプレビューしながら詳しくチェックすることができるので、復元する時間もかなり短縮できる点も特徴です。

0
0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iPhone8/8Plusで動画が消えた時にデータを復元する
Top