消えてしまったLINEのトーク履歴を復元できるってご存知?

Dec 11,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

LINEを使って友達と会話したり、仕事やクラブなどにおいて連絡手段として利用している人は多くいます。機種変更をしたり原因不明のエラーなどが原因でLINEのトーク履歴を消してしまったという人もいるでしょう。今回LINEの消えたトークを復元する方法を紹介します。


LINEトーク履歴が消える理由

LINEトーク履歴が消えてしまう原因にはいくつかあり、大きく分けてアップデートやトラブルによる不具合や、機種変更を行ったり登録している友達がアカウント削除したなどの原因が考えられるでしょう。

1.不具合が原因の場合、例えばアップデート時にすべてのトーク履歴が消えてしまうことがあり、アップデート以外にも予期せぬトラブルが発生して消えたということもあります。同期中にデータが消えた人もいて、このような場合はどうすることもできないのでアナウンスを待つのが良いでしょう。

2.機種変更を行うとデータが消えたとケースがあります。機種変更を行う場合は必ずアプリデータを元に戻しますが、なぜか失敗してしまったりデータが元の状態に戻らないなどの状況になります。すべてのデータが消えることもあるので、バックアップを取っておくと良いでしょう。

3.アカウント削除を行っている場合が多く、気付かないうちに友達がアカウントを削除しているケースもあるでしょう。友達が元のアカウントを復活させないと、友達一覧に戻ることはありません。この場合の解決方法は友達次第になります。


トーク履歴が消えた場合に復元する方法

トーク履歴を元に戻すにはバックアップが条件になります。iTunesを利用し暗号化していないと、元に戻すのは難しいでしょう。
暗号化バックアップの方法は、まずバックアップしたいデバイスをパソコンに接続し起動します。「バックアップを暗号化」を選びバックアップを作成しましょう。「バックアップを暗号化」が条件になrので、チェックを忘れないようにします。機種変更した後やデータが消えたデバイスをパソコンに繋いで処理すると、トーク履歴も元に戻すことが可能です。きちんとバックアップを取っていると、トーク履歴はもちろん画像やスタンプなども元に戻すことができるでしょう。

「iSkysoft Toolbox-LINE バックアップ&復元」を利用すると、安全にトーク履歴をバックアップすることができ、メッセージやファイルもバックアップすることが可能です。iOSやAndroidに元の状態に戻すことができ、高速でバックアップしたり、チャットやメディアファイルなどもワンクリックでバックアップすることができるでしょう。例えばメッセージや写真、添付ファイルを表示したり、ファイルをWindowsやMacにエクスポートすることが可能です。


「LINEバックアップ&復元」を使って消えたLINEトーク履歴を復元する方法

操作は簡単で、まずiPhoneやiPadなどのLINEのチャットメッセージや添付ファイルをパソコンにバックアップしておきます。バックアップが完了すると、デバイスに戻すことができます。

① 「iSkysoft Toolbox for iOS」を起動し、「バックアップ&復元」の機能を選択しましょう。

ソフトを起動

② iOSデバイスを接続し、デバイスに戻す前に「設定」「iCloud」「自分のiPhoneを探す」の手順によって自分のデバイスを探す機能を消していきます。

③ 「復元」をクリックし、ポップアップウィンドウは接続されたデバイスのバックアップ復元を行うことを通知します。処理が終わるまで、デバイスの接続を解除ないようにします。消えたデータは元の状態に戻るでしょう。

LINEの消えたトークを復元する方法がいくつかありますが、「iSkysoft Toolbox-LINE バックアップ&復元」を利用すると簡単です。対象デバイスとパソコンを繋ぐだけで元の状態に戻すことができ、もしもの時にも安心して対応することができるでしょう。

 

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > 消えてしまったLINEのトーク履歴を復元できる?
Top