工場から出荷したばかりの完全初期化状態に戻したiPhoneのデータを復元する2つの方法

Dec 20,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

iPhoneは特にOSの更新の場合などに失敗し、リカバリーモードに入ったまま、慌てて「復元しますか」の問いに応えてクリックしてしまうと、工場出荷時の状態になってしまいます。残念ながらこの場合サービスセンターに対応を求めても、実質故障ではないのでデータ復旧のサービスは受けられません。仕方なくあきらめるしかないのか- しかしそんな場合でも、解決法は残されています。

最初の方法は、iTunesなしはiCloudにバックアップが残っている場合です。その場合、ぜひ「iSkysoft Toolbox–iPhoneデータ復元」を利用することをおススメします。簡単に操作できて、しっかりデータを復旧させることが可能です。それでは、その操作方法についてご説明しましょう。



Part 1.iTunesバックアップファイルからデータを復元する方法

先ずはhttps://www.iskysoft.jp/iphone-data-recovery-win.htmlから、「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータ復元」をパソコンにインストールして、iPhoneとUSB接続します。ネットにもアクセスできる状態にしておきましょう。
iTunesにバックアップを残しておいた場合です。前もってパソコンに最新のiTunesをインストールし、「同期させない」と言う設定にしておく必要があります。

1.ソフトを起動し、「データ復元」をクリックします。メインメニューの「iTunesバックアップファイルから復元」を選択します。

iTunesバックアップから復元

2.iTunesで生成したバックアップファイルが一覧として表記されますので、復元したいものを選択しましょう。そして「スキャン開始」をクリック。

iTunesバックアップから復元

3.スキャンが終了するとプレビューが出るので、復元したいファイルを選択し、「パソコンに復元」をクリックしましょう。

iTunesバックアップから復元


Part 2.iCloudバックアップファイルからデータを復元する方法

iTunesではなく、iCloudにバックアップしてある場合。

1.同じくメインメニューの画面から、「iCloudバックアップファイルから復元」を選択します。

iCloudバックアップから復元

2.サインイン画面が出るので、iCloudアカウント情報でiCloudにサインインします。

iCloudバックアップから復元

3.バックアップファイルの一覧が表記されるので、復元したいバージョンの「ダウンロード」をクリックします。

iCloudバックアップから復元

4.完了すると「完了」と表記されるので、右にあるボタンをクリックし、現れた画面のファイルタイプの選択から「次へ」をクリック、スキャンに入ります。

iCloudバックアップから復元

5.あとはプレビューが出たら、「パソコンに復元」ボタンを選択、クリックして復元するだけです。

iCloudバックアップから復元

このように「iSkysoft Toolbox–iPhoneデータ復元」を使うと、直接iTunesやiCloudから操作するよりオペレーションが易しいので、エラーの防止にもなります。例え工場出荷状態になっても、これなら安全に復旧できます。

このように工場出荷時になってしまっても、対処法はあります。しかし先ずは、何よりバックアップを取っておくことが肝要です。そんな時にも「iSkysoft Toolbox–iPhoneデータ復元」には簡単にバックアップを作成する機能が付いているので、是非試してみるといいでしょう。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > 工場から出荷したばかりの完全初期化状態に戻したiPhoneのデータを復元する
Top