iPhone8/8PLUSの初期化の際にも、Toolbox-iPhoneデータ復元で安心のデータ復元

Sep 30,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元」をご存知でしょうか?

これは、iPhoneやiPadおよびiPodTouchなどのiOSデータを強力に復旧させるとても便利なソフトです。
復旧する際には、iOSデバイスを使用したり、 パソコンで「iTunesバックアップ」を使ったり、パソコンを使わず「iCloudバックアップ」を利用するなどの方法を用います。
復旧できる内容は多岐にわたります。写真や連絡先はもちろん、メッセ―ジや通話履歴も復旧できます。
iPhoneにはさまざまな内容が保存されていますから、失われたらたいへんです。初期化のように、意図的な作業をおこなわなくても、落としたり、置き忘れたりして紛失するという場合もありますから、常にバックアップは取っておく必要があります。バックアップをその都度確実にとっておきさえすれば、紛失といった非常事態になっても、データを失わずに済むという点においては、そう不便なことにはなりません。

iSkysoft Toolbox-iPhoneデータ復元を使った復旧の方法のひとつに、iOSデバイスから直接復元するという方法があります。
例えばiPhone8/8Plisなどを使っていて、誤ってデータを削除してしまったり、何らかの事情でデータが読み込めなくなったりしたら、すぐに復旧にかかります。そのまま使用を続けると、データが上書きされてしまう可能性があります。上書きさえされていなければ、データは復旧できます。しかし、上書きされたあとだと、もう方法はありません。使用はすぐやめ、復旧にかかりましょう。


初期化されたiPhone8/8PLUSからデータ復元する方法

iSkysoft Toolbox-iPhoneデータ復元を使う前に、まずはパソコンに最新のiTunesをインストールします。インストールが済んだらiTunesを起動し、iTunesの「編集」から「設定」へと進み、「デバイス」をタップし「iPhone(中略)を自動的に同期しない」にチェックを入れ、「OK」をタップします。これが済んでから、ソフトを停止します。

ステップ1.ソフトを起動して、メイン画面の左上の「データ復元」機能を選びます。

iPhoneデータ復元

ステップ2.すると「iOSデバイスから復元」のウィンドウが出ます。

そこには、「デバイスから削除された」と「デバイス上の既存」の2つの選択肢が出されます。両方選ぶこともできますし、どちらか一方だけにすることも可能です。必要に応じて選択しましょう。
「開始」をタップすると、デバイス上でのスキャンが始まります。

iPhoneデータ復元

ステップ3.データを復元します。

スキャンをしている最中に、探している内容が見つかったら、「ストップ」をタップします。するとスキャンが停止します。
次に、見つけたファイルの、ファイルタイプをチェックし、画面の下のほうにある「復元」をタップします。
そのファイルは、パソコンに保存されます。ただ、メッセージや連絡先およびメモのファイルについては、「パソコンに復元」と「デバイスに復元」の2つの選択肢が表示されます。

iPhoneデータ復元

iTunesでバックアップをとっていたら、iTunesバックアップファイルから簡単に復元できます。そのためにも、バックアップはその都度とっておきたいものです。「iSkysoft Toolbox for ios」を起動し、「iTunesバックアップファイルから復元」を選択し、作業を開始します。

iCloudでバックアップを作成していたら、「iCloudバックアップファイルから」を選択し、ここから復旧作業ができます。このようにiPhoneのデータ復旧は、「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元」を使っておこなえますが、常にバックアップをとっておくと、復旧が非常に楽になります。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > 初期化されたiPhone8/8PLUSからデータ復元する
Top