iPhoneから削除したアプリを復元できる!

iPhoneを使っていてアプリをうっかり消してしまった人も多くいるでしょう。もともと簡単に消せるものなので、消してしまうとショックを受けてしまいます。iPhoneのアプリなどを復元することができるソフトがいくつかあり、これらを利用すると簡単に元の状態に戻すことが可能です。iPhoneのアプリを復元するためのソフトをご紹介します。

iPhoneの削除したアプリを復元する方法

1.iPhoneの削除したアプリを元に戻す方法には、「購入済みリスト」を使用して消えたデータを元の状態に戻す方法があります。
まずApple Storeをタップし、次に「更新」や「アップデート」のタブをタップしましょう。次に「購入済み」を選択し、メニューにある「iPhoneにないアイテム」をタップします。次に消えてしまったアプリを選択しましょう。するとインストールが開始されるので、利用することができるようになります。

2.Apple Storeの検索を利用した消えたアプリを元に戻すことが可能です。
検索機能を使ってインストールすることは、「購入済みリスト」を利用するのと同じで、この方法はApple Storeの検索にもう一度インストールしたいアプリを入力すると一致する結果を得ることができます。対象が見つかるとアイコンをタップすればインストールが始まり、元の状態に戻すことができるでしょう。ログインする場合はアカウントを入力することになります。

3.「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元」を利用すると気軽にデータを元の状態に戻すことが可能です。非常に優れたiOSデータ復旧ソフトで、iPhoneはもちろんiPadやiPod Touchなどの消えたデータを元の状態に戻すことができます。
3つのモードがありiOSデバイスやiTunes・iCloud バックアップに対応しています。さまざまなデータを元に戻すことができ、写真やメッセージ・通話履歴などをスピーディに復活させることができ、いろいろなシーンから失われてしまったデータにも対応することが可能です。
「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元」を利用すると盗難やロック、パスコード忘れや工場出荷時によるリセット、誤った削除やiOSシステムのクラッシュ、水没などのさまざまなシーンでなくなったデータを元の状態に戻すことができるでしょう。



「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元」を使用して削除したアプリを復元する方法

ステップ1.ソフトを起動して「データ復元」を選択します。

iPhoneデータ復元

ステップ2.「iTunesバックアップファイルから復元」ボタンを選択しましょう。

iPhoneデータ復元

ステップ3.iTunesブックアップファイルを選びスキャンします。

iTunesで生成したファイルがデフォルトで表示され、必要に応じて元に戻したいファイルを選択しましょう。次に「スキャン開始」をクリックし、バックアップファイルからプレビューします。

iPhoneデータ復元

ステップ4.iPhoneから削除したアプリを復元します。

スキャンが終了すると、バックアップデータはカテゴリにおいて表示されるので、ファイルタイプを選ぶことが可能です。ファイルをクリックし、「MACに復元」を選択しましょう。
選択データはデフォルトで保存され、連絡先やテキストメッセージ・メモなどを元の状態に戻すと、USBケーブルでデバイスをパソコンに接続してから、対象端末に戻すことができるでしょう。

iPhoneデータ復元

さまざまなシチュエーションで削除してしまったiPhoneのアプリデータを元に戻す方法がありますが、「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元」を利用すると簡単に元の状態に戻すことが可能です。このソフトを利用するともしもの時にも安心して利用することができるでしょう。

0
渡辺純子

Dec 13,2017 11:39 am / Posted by to iPhone復元

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iPhoneから削除したアプリを復元
Top