Mac用のiPhone6/6Plusデータ復元ソフト

iphoneデータ復元for Mac

iPhoneをお使いの方は分かっていると思いますが、本当に便利なスマホですよね?通話とメールから地図、乗換案内、SNS、写真と動画の撮影、ゲーム、音楽と幅広いラインナップのアプリを使いこなすことができます。

しかし、意図していない時に大切なデータを失ってしまう可能性があります。特にiPhoneは、外部保存媒体を使用しにくい構造になっているので、本体に保存していたデータが消えてしまうと復旧させることが困難です。

こういう時のために、「iPhone データ復元 for Mac」があります。iSkysoftからリリースされており、データレスキューのエキスパートとも言えるソフトです。

Download mac version Download win version

iPhoneを名前に冠していますが、iPadやiPod touchなどの他のiOSデバイスにも対応しています。最新のiPhone6と6 Plus、iOS8も安心してお使いいただけます。データの復元のみに機能を絞ったソフトなので複合的な機能は一切備えていませんが、そこが多くのパソコン初心者にも選ばれる一つの理由となっています。

復元可能なファイルの種類は最大で14種類です。その内訳は、写真、動画、フォトストリーム、連絡先、メッセージ、メッセージの添付ファイル、通話履歴、カレンダー、ノート、リマインダー、Safariブックマーク、ボイスメモ、留守番電話、チャット履歴です。機種によっては、復元できないファイルもあるので事前によく確認しておきましょう。

14種類復元可能

三つの復元モード

最も重要な復元方法は3つ用意されています。一つは、デバイスからの直接復元。もう一つは、iTunesバックアップからの復元。そして、iCloudバックアップからの復元です。いずれの方法もやり方は途中まで同じです。

まず、「iPhone データ復元 for Mac」を立ち上げます。メイン画面が開けたら復元したいiOSデバイスをUSBケーブルでつなげましょう。画面上部を確認すると、先ほどの3つのモードを見つけることができると思います。次に、任意のモードを選択したら画面の指示に従って操作を行います。

どのモードを使ってもデータ復元は可能ですが、オススメはiCloudを利用する復元です。WiFi環境下で定期的かつ自動的にバックアップが作成されるからです。

※ワンポイントアドバイス。
iPhoneのデータ復元を成功させるためには、なるべく良い状態で復元を実行する必要があります。データを消失してしまったと気づいたら、直ちにiPhoneを「機内モード」に切り替え、iTunesとの同期を含めた全ての操作をしないでください。救出可能なデータに上書きされることを防ぐためです。

iCloudバックアップファイルから復元

このように「iPhone データ復元 for Mac」は、様々な方法でiPhoneのデータの復元ができます。 紛失したデータを復元させたいiPhoneの方は是非このソフトの良さを味わってみてはいかがでしょうか。

Back to top