MacでiPhone6/6Plusの連絡先を復元する方法

ついに待ちに待ち続けていたiPhone6を購入しました。噂ではiOS 8になってMac OS X Yosemiteと様々な連携が可能であるとか。その連携を活かしながらライフスタイルにどう反映させていこうかなとワクワクしていましたが・・・数日後にちょっと大変な事が起きてしまいました。

友達と連絡を取ろうとした際に「連絡先がいくつか消えている」という事に気づいたのです。その「いくつか」の中には仕事上で重要な連絡先も存在していたのです。その時に自力で色々やっているうちに偶然にも連絡先一覧を開いてしまい、誤って削除してしまったのではないかと思いました。しかし、戻り方がわからなかったと言って来た事を思いだします。こういう時には調べてみるに限ると思い、ネットで色々と調べてみました。

そこで私が見つけたのが、今回ご紹介する「iSkysoftiPhoneデータ復元 for Mac」と言うソフトです。なんとしても月曜日出社までには解決したい問題だったので必死になって探し、日曜日には買いに出かけました。このソフトのいいところはMacに対応している事や「データの復元って難しい事するのでしょう?」という一般的なイメージを覆してくれるところでしょうか。やり方はとっても簡単です。

「iSkysoft iPhoneデータ復元 for Mac」で iPhoneの連絡先を復元する手順

Step 1 準備としてデータを復元させたいiPhoneとMacを接続します。

iphoneとMacを接続

Step 2 「iSkysoft iPhoneデータ復元 for Mac」を起動しましょう。

画面上に「iOSデバイスからリカバリー」と言うメニューがありますので、そちらをクリックします。

「iOSデバイスからリカバリー」選択

Step 3 すると下にiOSデバイスで削除されているデータのスキャンを開始するボタンが出てきますので、そちらをクリックします。

スキャンが終了しますと、画面左側に各カテゴリーに分けられたフォルダが表示されます。 写真や動画、メッセージに連絡先、留守電、通話履歴、添付ファイル、ブックマークなどが復元可能ですが、今回は連絡先を取り戻したいので、連絡先をクリックして右に表示されるデータ一覧の中から削除されたと思われるものを選択します。

データスキャン

連絡先選択

Step 4 選択し終えましたら、右下にある「復元」ボタンをクリックします。

復元先を問われたら「デバイスに復元」をクリックしましょう。iPhoneで使うためですから。クリックすると復元作業が始まり、後は待つだけです。復元が終わってからiPhone6を確認してみると、連絡先は無事戻っていました。


仕事上でどうしても必要な連絡先だったので一時はどうなる事かと思いましたが、「iSkysoft iPhoneデータ復元 for Mac」のおかげですぐに取り戻す事ができました。 難しい事何一つ要求されない簡単な方法だった事も幸いです。私と事情は違えどデータを無くしてしまったと言う方には是非おすすめしたいですね。

必要になるもの:

評価:

使いやすい

ダウンロードご購入
Back to top