MacでIos8デバイスのデータを復元する方法

iphoneデータ復元for Mac

Apple社からiosシリーズの最新版となるios8が発表され、アップデートされた方も多いと思います。ios8は、Family Sharingなどの新機能の追加やカメラなどの既存機能の改良がされ、アップデートによりios8デバイスとなることで、今まで以上にデータが多くなると思われます。

その多くなったデータをios8デバイス内だけで保存している場合、不慮の事故でデータが消えてしまったら元に戻すことはできません。そのシーンとして、不要になった写真、動画、アドレスなどのデータを消去していたが、必要なものまで消去してしまった時や、間違って全てを初期化してしまい、データが無くなってしまった時などがありますが、Macをお使いの方にはソフト使ってios8デバイスのデータの復元をお勧めします。

なぜお勧めかと言いますと、Macには「iPhone データ復元 for Mac」というios8デバイスに最適なソフトがあるからです。「iPhone データ復元 for Mac」は、ios8デバイスを直接スキャンして無くなったデータを復元する事や、iTunesやiCloudにバックアップしてあるデータをios8デバイスに復元する事もできます。それでは、「iPhone データ復元 for Mac」による、ios8デバイスにデータを復元する方法を紹介します。

Download mac version Download win version

・直接復元モードでデータを復元します。


Step1.「iPhone データ復元 for Mac」を開き、「iosデバイスからリカバリー」を選択し、「開始」をクリックします。









Step2.ファイル一覧の復元させたいファイルを選択し、「コンピューターに復元」か「デバイスに復元」どちらかを選択して「復元」をクリックすれば完了となります。

iosデバイスからリカバリー
iosデータ復元

「iTunesバックアップからリカバリー」
データスキャン

・iTunesにバックアップされているデータを復元します。


Step1.「iPhone データ復元 for Mac」を開き、「iTunesバックアップファイルからリカバリー」を選択します。









Step2.ファイル一覧の復元させたいファイルを選択し、「スキャン開始」をクリックします。









Step3.表示された項目の必要な欄にチェックを入れ、「復元」をクリックして完了となります。

・iCloudにバックアップされているデータを復元します。


Step1.「iPhone データ復元 for Mac」を開き、「iCloudバックアップファイルからリカバリー」を選択し、AppleIDとパスワードを入力します。









Step2.ファイル一覧の復元させたいファイルを選択し、「ダウンロード」をクリックします。















Step3.表示された項目の必要な欄にチェックを入れ、「次へ」をクリックしてダウンロードします。











Step4.ダウンロードにより表示された項目の、必要な欄にチェックを入れて「復元」をクリックして完了となります。

「iCloudバックアップファイルからリカバリー」
データダウンロード        
データ選択
データ復元


このように「iPhone データ復元 for Mac」は、様々な方法でios8デバイスのデータの復元ができます。 ios8デバイスの方は是非このソフトの良さを味わってみてはいかがでしょうか。

Back to top