iPhoneの脱獄とは何か? 脱獄する前に知っておきたいこと

Sep 05,2016 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

一般的に「脱獄」というと悪人が監獄から脱走するという悪いイメージを持つ方がほとんどでしょう。しかしiPhoneユーザーの方たちにとっては「脱獄」は正規以外のアプリを使えたり、変えられない設定を変えることの出来る「魔法の方法」なのです。もちろんリスクもありますし、行う場合全ては自己責任になります。もっとも今知ったという人は違法になるのでは?と疑問に思う方もいると思います。そこでさまざまな疑問を解決するべく具体的にiPhoneの「脱獄」とはどういうものか紹介していきます。

Part 1.iPhone脱獄とは

脱獄とはApple製品の制限を解除するジェイルブレイク(Jailbreak)を日本語にしたものです。PCにOSがインストールしてあるように、iPhoneにもiOSがインストールされています。通常正規に取り扱われるアプリはアップルストアでしか買えず、当然iOSでしか作動しません。それは安定した動作およびセキュリティーのための意図した仕様で、同時に機能の変更なども制限されます。脱獄とはiOSを改変し、不正規のアプリを扱えるようにし、機能制限を取り払う方法のことを意味します。


Part 2.iPhone脱獄メリット・デメリット

iPhoneの脱獄によるメリットとしては通常では変更できない機能として、カメラのシャッターオンを消す、フォントや画面の背景の変更、SIMロックの解除、iOSからAndroidへの変更、テザリングを有効にするなどが可能になります。また非公認アプリも扱えるようになります。

では反対にiPhoneの脱獄によるデメリットは契約したキャリアの保証外になることで修理してもらえない、または高額になる場合があるということです。またセキュリティー低下によるウイルス感染や脱獄失敗により、iPhoneがリンゴループに陥るなど、個人では対処しづらい状況になっても自力で解決するしか方法がなくなります。

Part3.iPhone脱獄のリスク

デメリットでも述べたとおり、iPhoneの脱獄によるリスクは便利になる反面、あらゆるイレギュラーによって生じたトラブルにメーカーは救いの手を差し伸べないので、インターネットで調べるなど、個人の解決力がないとその時点で通常の使用も出来なくなることが少なからずあるということです。

Part 4.iSkysoft復元製品の紹介


iSkysoft復元製品の紹介

一見違法に見える脱獄ですが、国内では規約違反であっても違法ではありません。しかし紹介したとおり、リスクを考えると躊躇してしまう方も多いでしょう。現状に不満がなければやらないほうが良いとは思います。それでもやって見たいという方はいざというときの準備をしなければなりません。通常の使用であれば初期化をすれば復元しますが、そうならない時もあるのが脱獄の恐ろしいところです。復元ソフトを使えば解決するかもしれませんが、脱獄によって起こる通称「リンゴループ」はiOS自体もダメージを受け、画面が起動しないということもあります。そこでおすすめしたいソフトが「iSkysoft iPhone データ復元 for Windows」です。このiSkysoft iPhone データ復元 for Windowsであればリンゴループによって損傷したiOSを修復し、通常の仕様状態に戻すことが出来ます。もちろん直接本体からの復元やiCloudやiTunesからのバックアップによる復元、間違って消去してしまったデータの復元も全てプレビューしながら確認できます。復元可能なファイルは写真、SMS、連絡先、通話履歴、カレンダー、メモなどさまざまな種類に対応しています。直接iPhone本体から復元する場合も変わりません。気になった方は体験版もありますので試しに使って見てはいかがでしょうか。(ただし体験版では復元はできません。)

iPhoneを脱獄することによってできることはたくさんありますが、毎年一回のペースで新型が出ていますし、iOSも頻繁にアップグレードしているためリスクを負ってまで得られるメリットは少なくなりつつあります。しかし通常の使用では設定など融通が利かない場面もあるため、脱獄しようという方はバックアップを取ったり、脱獄失敗に対応する復元ソフトを用意しておくなど事前の準備を怠らないよう心掛けましょう。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iphone脱獄に関する知っておくべきこと!
Top