iTunesでiPhone復元を試みた際にエラー9が出た時の解決方法

Dec 12,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

iPhoneを使用中に突然エラーが出てしまうと、どう対処してよいか分からず焦ってしまう場合も多いでしょう。エラーをiTunesで即座に復旧させようとしても、いつもスムーズにいくとは限りません。復旧させようとしても急に、不明なエラーが生じたことを伝えるエラー9が表示されることがあります。しかし、エラー9が起きてしまった時も、適切な解決法を頭に入れておけばスムーズな復旧ができるので安心です。
そこで今回は、iTunesでエラー9が表示される原因や対処法に加えて、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を使って復元する方法をご紹介します。

iPhoneを初期化したり復元を行う時、稀にエラーコードが示されて作業ができなくなる場合があります。エラーコードは数多く存在しますが、その中でエラー9は、なんらかの原因により作業が中断されてしまい、iPhoneの処理が上手く出来ず、無限ループに陥ってしまっている状態です。

iTunesでiphone復旧時にエラー9が発生する原因と対処法

エラー9は、アップデートあるいは復元作業を行った際に生じることがあるエラーコードです。アップデートや復元をしている途中で、iOSデバイスと接続した状態が途切れてしまったり、iTunesでデバイスが上手く復元できなかったりすると示される可能性が高いです。
そのため、対処法としてはUSBポートやパソコンを変更し、復元を再度行うと問題なく復旧できるケースがあります。その他にも、一時的にセキュリティソフトを止めたり、iTunesの最新バージョンが適切にインストールされているか確認しましょう。また、WindowsまたはMacにアップデートがある場合、更新されていない際にもエラーが発生する可能性があります。この場合も、アップデートがないかどうかを確認することが大切です。

エラー9になったiPhoneを「iPhone起動障害から修復」で復元する方法

エラー9などに陥ってしまった時、データが損失してしまうリスクを回避し、安全にいPhoneを復旧したいという方が多いでしょう。そんな時に最適なのが、iSkysoft Toolbox 「iPhone起動障害から修復」です。簡単な操作だけで、データを失わずにiPhoneを修復することができます。

① iPhone とPCを接続する:

USBケーブルでiPhoneとPCを繋ぎ、ソフトを起動させると、メイン画面が表示されます。画面上には、データ復元など様々な機能が並んでいますが、そのうち「起動障害から修復」の機能を選びます。すると次の画面が示されるので、画面上の「開始」ボタンを選択しましょう。

システム修復を開始

② ファームウェアの選択とダウンロード:

ボタンを押すと、接続されているデバイスのモデルをソフトが検索し、最新版のファームウェアが提供されます。利用しているデバイスの機種、モデルなどの詳しい情報を確認しましょう。確認ができたら、エラーから復元させるために「ダウンロード」のボタンをクリックします。

ファームウェアのパッケージをダウンロード

③ iOSデバイスが陥っている起動障害を修復:

ダウンロードされると、iOSを通常状態に修復するために、ソフトが自動的にiphoneの修復を開始します。作業が終了するまで、あとは待つだけです。処理が全て完了すると、画面上に完了したという情報が出ます。これで修復作業は完了です。

iPhoneを修復

いかがでしたか。今回ご紹介した「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」の修復ソフトなら、極めてシンプルな手順を踏んで行くだけで、エラー9になってしまったiphoneを簡単に修復させることができます。複雑な手順を覚えられないという初心者の方も、分かりやすい画面で直感的に復元操作ができるため、非常に便利です。

 

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iTunesでiPhone復元を試みた際にエラー9が出た時の解決方法
Top // banner bottom