iPhone使用中にiTunesでエラー4013が出た時の解決方法

iTunesでiPhone端末のリカバリーを試みた時に、不明なエラーが発生したことを知らせるエラー4013が表示される場合があります。エラー4013の表示は、何かの原因があってiphoneの復元や初期化の作業が中断され、処理が上手く行われずに無限ループに陥っている時に出ることが多いエラーコードです。

iTunesエラー4013が発生する原因と対処法

先程触れたように、iTunesエラー4013が発生する原因としては、iPhone端末をリカバリーする際にiOSがシステム不良となり、正常な処理が行えなくなったことが考えられます。しかし、エラー4013が出てしまう原因は一つではなく、iTunesが古いバージョンのままだったり、USBケーブルに問題があってエラーが生じるケースもあり得ます。そのため、iTunesは最新バージョンにしておき、それでも解決が不可能なら、別なUSBケーブルあるいはパソコンで再度試してみましょう。また、デバイス上のアプリおよびシステムの影響で不具合が出る可能性も。その場合、強制的に再起動を実行することで解決する場合があります。

上記の方法で上手く復元できない時、あるいはデータが消えてしまうリスクを心配せずにiPhoneを復元したい時は、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を利用する方法が便利です。このソフトを使うメリットは、エラー4013からの復元はもちろん、iOSシステム上に起こる一般的な問題の数々を簡単に解決することができる点です。

エラー4013が出たiPhoneを「iPhone起動障害から修復」を使って復元する手順

① ソフトを起動します。

ソフトを起動すると、色々なメニューが選択できる画面が出るので、「起動障害から修復」の項目を選んで下さい。すると別なウィンドウが開きますので、PCにiphoneが正常に接続されているのを確認し、「開始」というボタンを選びます。

システム修復を開始

② ファームウェアのダウンロードを実行します。

このソフトでは、接続されているiPhone端末の機種が自動で検索されます。そのため、そのiPhone端末に最適な最新版ファームウェアをダウンロードして利用することができます。「開始」ボタンを選ぶと、機種などに関する情報が表示されますので、内容をチェックしたら、画面上に用意されている「ダウンロード」のボタンを選んで下さい。

ファームウェアのパッケージをダウンロード

③ 起動障害のデバイスの修復を実行します。

ファームウェアのダウンロードが済むと、iOSを適切な状態に戻すために自動でiPhoneの修復が始まります。修復作業が実行されている間、「起動障害から修復」というウィンドウが表示され、作業が完了されるまでの予想時間などが示されます。基本的に、ユーザーは処理が完了したというメッセージを待つだけで大丈夫です。処理が済むと、完了を知らせるメッセージが出ますので、しばらく待ちましょう。

iPhoneを修復

エラー4013が出てしまう原因と対処法についてご紹介しましたが、いかがでしたか。「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」は、使いやすさに配慮したシンプルな操作画面を採用し、初めての方でも簡単にiphoneの起動障害を復旧できるソフトです。このソフトの大きな魅力は、データを損失することなくiPhone端末を正常に復元できること。しかも、必要な時間は数分で済む場合が多いので、忙しい方でも安心です。

 

渡辺純子

Dec 12,2017 15:43 pm / Posted by to iPhone復元

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iPhone使用中にiTunesでエラー4013が出た時の解決方法
Top