Mac OS X YosemiteでiPhoneデータを復元

Macの新しいOSの Yosemiteで特徴的かつ魅力のある機能は、何よりiOSデバイスとの優れた連携ではないでしょうか?Macと同時にiPhoneやiPadも使用している方にとっては、連絡のやりとりや書類・データの作成がスムーズにできるようになる嬉しい機能だと思います。Mac OS Xのアップグレードと同じようにiPhoneなどでもiOSの更新がありますが、iPhoneでは稀にアップデートがうまくいかずにデータの一部が消えてしまう恐れがあります。その時にバックアップがないデータは専用のソフトによるデータの復元になるため、Yosemiteにも対応した復元ソフトを用意しておく必要があります。

そこで、iPhoneデータの復元もソフト1つで安全に行え、Mac OS X Yosemiteでも使用できる高性能なソフトを紹介したいと思います。

それがiSkysoft社の「iPhoneデータ復元 for Mac」になります。このソフトなら突然に消えてしまった連絡先・写真・メッセージなどの欠かせないデータもiPhone本体からしっかりと復元ができ、iCloudなどのバックアップデータからも手軽な操作性で自由に復元が行えます。それでは、Yosemite 上でiSkysoft「iPhone データ復元 for Mac」を使い、iPhoneのデータを復元する手順を説明していきたいと思います。

Download mac version Download win version

Mac OS X YosemiteでiPhoneデータを復元する必要なツール :

  1. iPhone データ復元 for Mac


Mac OS X YosemiteでiPhoneデータを復元する手順

Step 1

ソフトのダウンロードなどを済ませ、起動をするとiOSデバイスをMacに接続する旨と復元方法の選択画面が表示されます。まずは復元方法として、「iTunesバックアップからリカバリー」、「iCloudバックアップファイルからリカバリー」という項目が見つかると思います。これらはそれぞれのバックアップが作成された日時を選び、その中のデータから復元をすることになります。ですが、今回はバックアップが無い場合にデバイスから簡単に復元が可能な「iOSデバイスからリカバリー」を選択していきます。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

Step 2

復元方法を選択後にお使いのiPhoneをMacに接続し、表示される「開始」ボタンをクリックします。これによって、iPhoneのデータがスキャンされるので、それを基にデータの復元を行っていきます。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

Step 3

スキャン終了後、画面左に現れるカメラロール、連絡先といった項目ごとに復元できるデータが確認できるようになります。項目を選択してプレビューされるデータを見ていくのですが、消えてしまったデータを素早く見つける方法として、画面上の「削除された項目のみを表示」の機能を利用すると簡単です。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

Step4

そして、復元したいデータにはチェックを入れていき、最後には画面右下にある「復元」ボタンから復元を行います。保存先はMac上以外に直接、デバイスへ保存することができるため、お好きな方を選択できます。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法


難しいと考えがちな復元もiSkysoft「iPhone データ復元 for Mac」を使うと、簡単なクリック操作のみでデータを取り戻せるので、安心です。また、iPhone6やiPadにも対応していることもこのソフトを大きなポイントです。Yosemiteに対応し、もしものiPhoneデータの消失にも短時間で復元できるソフトとして、iSkysoft「iPhone データ復元 for Mac」を是非、ご活用ください。

Download mac version Download win version

Back to top