iPhone 6/6Plusデバイスから無くなったメモを復旧するには?

iOSデバイスから無くなったメモを復旧する方法!

    うっかりiPhone等のiOSデバイスからメモを消してしまったこと、皆さんありますよね。または、気がつかないうちに消えていたと言う事もあるのではないでしょうか。こういう時に、iTunesやiCloud等に定期的にバックアップを取れていれば、事なきを得ると思いますが、うっかりバックアップを取っていないと青ざめてしまうことと思います。メモの中にはパスワードを記載した物や、商談の内容を簡潔にまとめた物、または授業で習った内容を友達と共有するために書き留めた物など色々あると思います。

    こうなってしまうと、友達に共有していればメッセージなどで送付してもらう事も考えられますが、商談の内容やパスワードなどは誰にも聞くことが出来ません。このような時に、iTunesでPCやiCloudにメモをバックアップしてあれば容易に復元が出来ますが、全くバックアップをしていなければメモの復活は限りなく不可能でしょう。
    しかし、消えたメモのデータを復元することが出来るソフトがあります。それがiSkysoft社が発売している、「iPhone データ復元 for Windows」となります。それではこのソフトを使ってメモを復元する方法をお伝えします。まずはiPhone5等のiOSデバイスに直接PCから接続し、フラッシュメモリー内のデータをスキャニングして復元を試みます。この事により、ほとんどのデータが復元することが出来るのですが、その手順をこれから紹介いたします。

ステップ1.iPhoneをケーブルでパソコンと接続

初めに「iSkysoft iPhone データ復元 for Windows」をご自分のPCにインストールします。再起動が必要となりますので、他に作業している文章等があれば保存をしましょう。起動後、「iSkysoft iPhone データ復元 for Windows」のショートカットがデスクトップに作成されていますので、そちらをクリックします。するとソフトが立ち上がります。

画面上にiOSデバイスを接続するよう促されますので、DOCKケーブルかLightningケーブルにてiPhone等をPCに接続します。

ステップ2.復元モードを選択

「iTunesバックアップファイルからリカバリー」モードと「iOSデバイスからリカバリー」モード二つがありますが、バックアップファイルを取ってない場合、「iOSデバイスからリカバリー」でも消えてしまったデータを取り戻すことが可能です。

ステップ3.デバイスをスキャンする

すると画面上でスキャンを開始するかたずねてきますので、「スキャン開始」ボタンをクリックします。
多少時間がかかりますが、その間はパソコンやiOSデバイスは触らず待つようにしてください。スキャンが完了しますと、画面が切り替わり復元可能なファイルやフォルダがプレビュー画面で表示されます。今回ミスをして削除してしまったり、消してしまったメモのデータが発見できると思います。

ステップ4.削除されたiPhoneのメモを復元する

復元作業を進めるために、必要なファイルやフォルダにチェックをつけていきます。最後に、一番下にある「復元」ボタンをクリックすれば作業が完了となります。 これであなたが消してしまったメモを復旧・復元することが出来ました。
出来る限り、iTunesを使ってバックアップをするように心がけましょう。 『iPhone データ復元 for Windows』をぜひお試しくださいね。

Back to top