脱獄されたiPhoneを元に戻して入獄する方法を解説

Dec 19,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

iPhone脱獄とは

iPhoneには“安全装置”として、一部の機能についてはユーザーが変更することができないようにロックがかけられています。iPhoneにかけられたロックを外して自由にカスタマイズすることができるようにシステムファイルを変更することを「脱獄」と呼び、これはアンドロイド端末のRoot化に相当します。

iPhoneを脱獄させるメリットとデメリット

iPhoneを脱獄させるメリットとして、シャッター音を消すことができる、広告ブロックが可能、ロック・ホーム画面、コントロールセンター、通知センターを自由にカスタマイズすることが可能になります。脱獄させることでSIMフリー化したり未契約プランでもテザリングができるようにもなります。

iPhoneを脱獄させると端末の自由度が高くなりますが、システムが不安定になる、セキュリティーが脆弱になる、Appleのサポートが受けられなくなる、端末に不具合が発生する可能性がある、などのデメリットもあります。脱獄させた後に何らかの問題が生じる場合には、元の状態に戻す(入獄)させる必要があります。

脱獄させたiPhoneを元に戻す(入獄)方法

脱獄させたiPhoneを元の状態に復元させたい場合には、iTunesなどで作成しておいたバックアップファイルを利用して復元する方法があります。バックアップファイルを使って復元すると脱獄後に作成したファイルや保存した動画・写真のデータが消えてしまうので、個別にファイルをパソコンに取り出しておく必要があります。バックアップファイルを作成していなければ、元に戻すことができません。

バックアップファイルを使用しないで再び入獄させたい場合には、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」がインストールされたパソコンを利用してシステムファイルを復元して入獄させる方法があります。
「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」はシステムファイルの異常で起動障害を起こしたiPhoneやiPadを修復することができます。OSのシステムファイル部分だけを元に戻すことで、入獄させることができます。「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」から修復を利用すればバックアップファイルを使わなくても入獄させることができるため、保存したデータのバックアップを取る必要がありません。脱獄によってシステムファイルが壊れて何らかの不具合が発生した場合でも、正常に作動するように修復することができます。

脱獄されたiPhoneを元に戻して入獄する方法

① iPhoneをPCに接続し、ソフトを起動します。

復元したいiPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続します。「iSkysoft Toolbox for iOS」を起動するとメインメニューが表示されるので、「起動障害から修復」をクリックします。

ソフトを起動

② 確認画面が表示されるので、「開始」ボタンをクリックします。

システム修復を開始

③ ファームウェアの選択画面が表示されるので、機種やOSのバージョンを選択して「ダウンロード」をクリックすると、自動的に修復作業が開始します。

ファームウェアのパッケージをダウンロード

④ 作業が完了するとメッセージが表示されるので、「完了」をクリックしてからケーブルを外して、端末を再起動させてみます。

iPhoneを修復

「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」には、システムファイルの異常で起動障害を起こしたiPhoneやiPadを修復する機能が付いています。これを活用すれば、バックアップファイルを使用しなくても脱獄させたiPhoneを元に戻すことができます。iPhoneを中古品として買い取ってもらう場合や、修理に出す前に入獄させたい場合に「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を活用することができます。

 

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > 脱獄されたiPhoneを元に戻して入獄する方法
Top // banner bottom