iPhoneの画面が赤くなってしまった経験はある?レッドスクリーンになってしまったiPhoneを復元する方法

Dec 13,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

最近になり、iPhoneの画面が赤くなってしまう不具合が報告されています。iPhoneの端末が赤い画面になり、再起動を繰り返してしまうという不具合です。このような状態になると、初期化をしなければ復活することができなくなっています。

常にデータをしっかりバックアップしている方は問題ないですが、そうでない場合は購入した時の初期状態になるため、データがなくなってしまいます。 しかし、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」という専用のソフトさえあれば、赤い画面になってしまったiPhoneを簡単に正常な状態に戻すことができます。そこで今回は、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を使って、赤い画面になったiPhoneを復元する方法をご紹介します。

モバイル端末のデータを修復するためのソフトウェアは色々と存在しますが、ソフトの中には端末を初期化させて復元するタイプも多くなっています。こうしたソフトでは、仮に作業がうまくいかなかった場合、OSが起動しなくなってしまう可能性があります。 しかし、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を使用すると、端末の初期化をせずに削除されたデータを取り出し、端末のマイクロSDカードなどにデータを保存することが可能になります。

iPhoneの画面が赤くなった時の対処法

① iPhoneをPCに接続し、ソフトを起動します。

iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復を起動させたら、画面の中に色々な機能が表示されます。その中から、「起動障害から修復」の機能を選んで下さい。

ソフトを起動

② 端末をPCに接続したら、画面に表示されている「開始」というボタンをクリックします。

システム修復を開始

③ ファームウェアのパッケージをダウンロードします。

このソフトは、機種について検索を行い、デバイスに最適な最新のファームウェアを選べるようになっています。利用している機種の情報が表示されますので、内容を確認します。続いて、不具合を修復す作業を開始するために「ダウンロード」をクリックして下さい。

ファームウェアのパッケージをダウンロード

④ iPhoneを修復します。

「ダウンロード」を選択すると、iOSを正常な状態に復元していくために、ソフトが自動的にiPhone端末の修復を開始します。
クリック操作だけで、修復作業はソフトが全て行ってくれます。処理が完了すると、完了したことを知らせる画面が表示されますので確認しましょう。

iPhoneを修復

このように、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を使えば、iOSのデバイスをPCに接続してからわずか数分で、赤い画面になってしまったiPhoneを復元させることができます。操作はシンプルで、専門的な技術や知識がない方でも復元作業を行えるように設計されています。その上、簡単なクリック操作だけで、iOSシステムの不具合を解決してくれます。

いかがでしたか。「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を利用してiPhoneの不具合を解消すれば、面倒な操作は一切必要ありません。基本的には、USBケーブルでPCに接続し、適切なファームウェアを選んで復元処理を開始するだけです。スキャンを行った後に、PCにプレビュー画面を表示させる便利な機能も付いています。このソフトをインストールしておくと、万が一の場面に遭遇した際にも、誰でも迅速に復元処理ができるようになります。

 

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iPhoneの画面が赤くなった時の対処法
Top