動かなくなって超ショック?リンゴループになって動かなくなってしまったiPhone6を復元する方法を紹介!

Jun 29,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

iPhone6における「リンゴループ」と言う現象をご存知でしょうか?リンゴループとは、iPhone6やiPhone6sの電池残量が少なくなった際にしばしば発生する現象で、突然再起動される等と言った不具合が発生します。この際に、画面にアップルのロゴが表示されることから、「リンゴループ」と呼ばれるようになったようです。このような不具合は公式にも確認されており、iOS9では改善すると発表されましたが、iOS9以降も同様の不具合は報告されており、未だに突然発生するこの現象に悩まされている方は多い様です。

このリンゴループを解消するためには、復旧機能が搭載されたソフトを使用する必要があります。しかしながら、その様なソフトは非常に多く、専門的な知識がないため、どのソフトを選べばよいか決められないと言う方も多いことでしょう。そこで今回は、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」と言うソフトを使用し、このリンゴループからiPhoneを復旧させる方法を紹介します。

「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」とは、様々なソフトの開発、販売を行っているiSkysoft 社がリリースしたソフトの一つです。iPhoneだけでなく、iPad、iPodなどを様々な不具合から復旧させる事に特化したソフトであり、多くのユーザから好評を得ている様です。

リンゴループiPhone6を復旧させる方法

iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復の特徴の一つとしては、操作性を向上させることを目的とした見やすい操作画面を挙げることが出来ます。そのため、今回紹介する各種不具合からの復旧も非常に簡単に行うことが出来ます。

① ソフトを起動します。

リンゴループ状態のiPhone6をパソコンに接続しましょう。続いてiSkysoft Toolboxを起動し、トップ画面から「起動障害から修復」を選択してください。

ソフトを起動

② 画面に表示されるテキストを確認し、中央の「開始」を選択しましょう。

システム修復を開始

③ ファームウェアのパッケージをダウンロードします。

続いて使用しているデバイスの機種に対応した最新のファームウェアをダウンロードする画面が表示されますので、使用しているデバイスの機種などの情報を確認し、「ダウンロード」クリックしてください。

ファームウェアのパッケージをダウンロード

④ iPhone6を修復します。

ダウンロードが完了すると、そのままデバイスの復旧作業が開始されますので作業が、完了するまで待ちましょう。
「オペレーティングシステムの修復が完了しました」とのメッセージが表示されたら、iPhone6が復旧していることを確認してみましょう。以上で、作業は完了です。

iPhoneを修復

この操作方法を覚えてしまえば、その他のデバイスの復旧などにも応用できますので、覚えておくと良いでしょう。
また、この操作を行う為には、パソコンに最新のiTunesがインストールされている必要がありますので、作業開始前に確認しておく必要があります。操作に伴うデータの消失が心配な方は、同ソフトに搭載されているデータのバックアップ機能を利用し、普段からバックアップを取っておくのも良いでしょう。

今回は、「iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復」を使用しリンゴループ状態に陥ってしまったiPhone6を復旧させるための手順を紹介しました。iSkysoft Toolbox -iPhone起動障害から修復には無料でインストールができる試用版も存在しますので、購入を検討されている方は、まずはそちらで、その操作感や、今回紹介した操作手順などを確認してみると良いでしょう。

 

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > リンゴループになってしまったiPhone6を復元する方法を紹介!
Top