iPhone8/8Plusのデータをバックアップする方法

Oct 10,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

iPhone8/8Plusは機能がますます充実し、ユーザーにとってはなくてはならない必需品となっています。それだけに、デバイスそのものの紛失や、保存したデータの消失にはしっかりと備えておく必要があります。以下に、データを簡単にバックアップできる3つの方法を紹介します。

iPhone8/8Plusのデータをバックアップする方法

最もおすすめなのが、「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータのバックアップ&保存」を使ったバックアップです。ワンクリックでiPhoneのファイルをパソコンにバックアップできます。バックアップ作業をおこなうたびに、パソコンに以前保存した内容を上書きするという方式ではなく、上書きをしないで保存できる方式であるため、より安全にバックアップできます。

上書きをしてしまったあと、以前の内容が必要になるというのはよくあることです。この方式なら、安心です。ただ、この方式だと、パソコンに保存するファイルが膨大になるという難点があります。しかし、「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータのバックアップ&保存」では、簡単な作業でファイルを選択して、パソコンにエクスポートできます。
ファイルを選択し、エクスポートする前に、プレビュー機能を使って確認もできるため、たいへん便利です。こうして選択したうえでバックアップをしておけば、パソコンに保存するファイルが膨大になって、あとで探すのが難しくなったりすることも防げます。保存できるのは、写真や動画だけではありません。連絡先やメッセージはもとより、通話履歴やメモ、カレンダーおよびリマインダーなども保存できます。保存されたデータは、簡単にまた復元できます。しかも必要なものだけ選択して復元できるので、便利です。

① ソフトを起動して、「データのバックアップ&保存」機能を選択します。

データのバックアップ&保存

② バックアップしたいデータのタイプを選択します。

バックアップしたいデータのタイプ

③ バックアップしたいファイルを保存ます。

バックアップしたいファイルを保存

iCloudにも、iPhone8/8Plusのデータは保存できます。iPhone8のホーム画面で「設定」から進み、「iCloud」をタップしまし、画面の下のほうにある「バックアップ」をタップすると、画面が変わり「iCloudバックアップ」が出ます。そこが白マークになっていてオフだったら、スライドし、緑マークのオンにします。 保存中に、端末を電源に接続しておく必要はありません。

iTunesを使って、バックアップすることもできます。ただ、パソコンとiPhoneをUSBケーブルでつなぐ必要があります。これを少々面倒に感じる人もいます。

「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータのバックアップ&保存」は、税込み2980円で永久ライセンスを得られます。永久ライセンスをとったあとは、無償でアップデートされるため、いつまでも安心して使えます。
iPhoneやiPad、iPod Touchすべてに利用でき、それらが今後バージョンアップしていっても、無償アップデートがおこなわれていくため、いつまででも使えることになります。iPhone8/8Plusはもはや、ユーザーの日常生活においてなくてはならないものとなっていますが、その傾向は今後、ますます高まっていくことでしょう。
バックアップの必要性も増していく一方でしょうから、「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータのバックアップ&保存」を購入し、永久ライセンスを取得しておくのは、お得と考えられます。

iPhone8は今やユーザーにとって生活必需品となっており、データの保存は欠かせないものとなっています。持ち歩くものであるからこそ、紛失の可能性が常につきまといますから、データは頻繁に保存しておきたいものです。そのためには、保存が簡単におこなえることが不可欠です。ワンクリックで保存できる「iSkysoft Toolbox-iPhoneデータのバックアップ&保存」の利用がおすすめです。

 

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iPhone8/8Plusのデータをバックアップする
Top