iPhoneの電話帳をバックアップする3つの方法

Jul 26,2017 • Filed to: iPhone復元 • Proven solutions

iPhoneの電話帳のバックアップが必要なとき

iPhoneに限らず、携帯電話を使っていると、電話帳があるのとないのでは使い勝手がまったく変わってきます。そこで、電話帳をなくしてしまった場合、間違って削除してしまったりした場合に復元できなければ、また一から入力していかなければ行きません。そこで、電話帳のバックアップを取っておくことが出来れば、誤って削除してしまったときに役に立ちます。

このように電話帳は何気なく使っていますが、相手からかかってきたときに、電話帳登録していれば、相手の名前が表示されるので、表示を見ただけで、誰からかかってきたのかがわかります。そんな電話帳だからこそ、バックアップを取って追いたほうが、後で削除してしまったときに復元することが出来ます。そう考えると、万が一のときのためにバックアップを取っておくことは重要です。バックアップを取っておく方法としては幾つかあります。

iPhoneの電話 帳をバックアップする3つの方法とは

電話帳を削除してしまったときのために、事前にバックアップを取っておくことは重要です。その場合の方法としては3つあります。その3つのバックアップ方法を見ていきます。

iCloudを使った電話帳のバックアップ方法

iCloudを使ってから電話帳のバックアップを取ることが出来ます。まずは、iCloudはネット上にあるサービスで、iPhoneであれば簡単に利用することが出来ます。バックアップの取る方法としては簡単で、iPhoneだけあれば間単位設定で出来ます。iPhoneにある「設定」をタップして表示されるメニューの中の「連絡先」をタップしてオンにします。それから、バックアップをタップします。表示される「iCloudバックアップ」があるのでオンにします。これだけの設定で、電話帳をiCloudにバックアップデータを転送してくれます。

iTunesを使った電話帳のバックアップ方法

iTunesを使ってから電話帳のバックアップを取っていきます。iTunes葉パソコン上で設定していくので、iPhoneをパソコンへ接続します。接続するとパソコンとiPhone間で同期が取れます。同期を取ると次にiTunesの設定に入ります。ituneの画面上に「iphnoeデバイス」があるのでそれをクリックします。「概要」というのがあるので、そちらをクリックします。すると画面の右側に「今すぐバックアップ」という表示が出てくるので、クリックしてバックアップを開始します。これでiTunesへのデータのバックアップを取ることが出来ます。

「iSkysoft Toolbox for iOS」を使った電話帳のバックアップ方法

iSkysoft Toolbox- iPhoneデータのバックアップ&保存というソフトを使えば、パソコンへデータをバックアップすることが出来ます。

ステップ1.まずは「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータのバックアップ&保存」を起動します。起動したら、iPhoneをパソコンへ接続します。

パソコンとiPhoneの同期が取れたら、メニューにある「データのバックアップ&復元」をクリックします。

データのバックアップ&復元


ステップ2.iPhone内の現在のデータ一覧が表示されます。連絡先にチェックを入れると「バックアップ」をクリックします。

データのバックアップ&復元

チェックを入れた後に、画面右下の「バックアップ」をくりっくするとデータのバックアップを開始します。バックアップ状態は、%で表示されるのでそれを見て完了するのを待ちます。

データのバックアップ&復元


ステップ3.バックアップしたファイルからPCに保存するか、またはデバイスに復元します。

データのバックアップ&復元


0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone復元 > iPhoneの電話 帳をバックアップする3つの方法とは
Top