撮影した動画を手軽にズームインズームアウトするには

撮影した動画を手軽にズームインズームアウトするには

> How to > 動画編集 > 撮影した動画を手軽にズームインズームアウトするには
By 中島直人 | Apr 11,2018 17:28 pm

スマートフォンを始めとしたデバイスの普及で、写真や動画を撮影する事は多くの人にとってとても身近になりました。一般的に販売されているスマートフォンでも、かなり高画質の動画が簡単に撮影できます。近くの被写体を撮影するときは特に気になりませんが、少し離れた位置にあるものを撮る時などは、撮影をしながらズームイン・ズームアウトを行います。ただ、撮影をし終えた後になってもう少し強調したいだとかインパクトを残したいと考える時も多いです。そんな時に役に立つのが、後からそれらの処理ができるソフトウェアです。


Filmora (フィモーラ)for Macで手軽に処理

Filmora for Macは多様な形式の入力や編集に対応したソフトウェアです。使い慣れてしまえばプロ並みの動画を作成することだってできます。製品のダウンロードは簡単にでき、登録を済ませれば全ての機能を使うことができるようになります。Filmoraは多くのフォーマットに広く対応しており、編集後のファイル形式も自分で選び再生したいデバイスの形式も選択できるのが大きな特徴です。メディアで再生することを前提としたり、撮影後の動画ファイルでも簡単に編集ができるソフトウェアです。特定の箇所でズームイン・ズームアウトも簡単にすることができます。



ズームイン・ズームアウトの具体的な方法・準備

Step1. まずは作成したファイルをFilmoraに読み込ませる

視覚的・直感的に操作ができるため、初めての人でも簡単に編集を行うことが可能です。読み込ませることができたら、どの部分をズームインしたいのかマウスで範囲を指定してあげます。

Step2. 編集したい箇所を指定する

ズームインをしたい箇所を決める時、時間でいうと何時から何時までといった細かい指定が可能です。指定する方法があまり細かく限定されていると操作に柔軟性を欠き、後々困るということがよく起こりますが、Filmoraは非常に扱いやすい仕組みになっているためそのような事態が起こりにくいです。手軽に、かつ簡単にズームインやズームアウトを入れることができます。ストーリーで強調したい箇所を細かく指定することが可能です。操作方法が簡単であることは、編集後の動画の仕上がりに大きく影響します。例えば、ズームインを入れたい場所を一箇所ではなくたくさん指定したり、一旦ズームイン・ズームアウトの処理を施した後でやはり入れたくないと考えたときには、外す操作も簡単です。手軽さはこのソフトウェアの大きな武器です。


ファイルの指定した範囲でズームイン・ズームアウトの操作も簡単

ファイルの指定した範囲にズームイン等の処理ができる事はそのストーリーでとても重要な意味を持ちます。単純に強調するだけではなく、映像に強弱をつけることで興味を持って欲しい場面を見ている人に訴えかけることも可能です。インパクトを残したい場面を表現することも簡単にできます。操作方法は驚くほど簡単になっているのでどこに・どの程度・どのようにズームイン・ズームアウトを入れるのかは編集する人次第です。


自分が撮影した動画に満足できないという事態は珍しくありません。この場面をもっと強調したかった、見ている人に感じて欲しいところはこのシーンだなどと考えることの方が多い位です。そんな時に役に立ってくれるのがFilmoraです。撮影が済んだ動画を後から編集することができるため、ズームイン・ズームアウトも簡単です。初心者でも簡単に操作ができるようになっているため、慣れればすぐに自由自在に操れるようになります。プロ並みに編集された動画を手軽に手に入れたいなら、このソフトウェアはとても優良な選択肢になり得ます。



関連トッピクス

All Topics

Top