特殊な動画拡張子mkvをDVDで再生出来るように変換する方法

DVDプレヤーで再生できるようにMKVをDVDに変換しよう

オープンソースで開発が行われている特殊な動画拡張子mkvは映像、音声、字幕などのデータを格納することが出来るので、性質はDVDなどで採用されているMPEGと非常によく似ています。

ただ、一般にmkvは広く普及している拡張子ではないので、PC用の動画再生プレイヤーでも、サポートしているプレイヤーは一部だけです。家庭用のDVDプレイヤーでは、ほぼ再生が出来ないと考えてもいいでしょう。

ですが、万が一渡された動画ファイルがmkvだったとしたら、動画を変換する必要があります。

変換ソフトでもmkvに対応しているソフトは数少ないですが、「iSkysoft 究極動画音楽変換」を使えば、解決します。

「iSkysoft 究極動画音楽変換」を使って、MKVをDVDに焼く

iSkysoft 究極動画音楽変換」を使えば、簡単にmkvの動画もDVDで再生出来るように変換することが可能です。

ステップ1.ソフトにMKV動画をインポート

まず、ソフトの上部にある「作成」ボタンをクリックします。

ソフトにMKVファイルを追加するには、3つの方法があります。好きな方法を選択してください。

方法1.直接デスクトップからMKVファイルをソフトにドラッグ&ドロップします。

方法2.「メディア」ボタンをクリックし、お使いのパソコンからMKVファイルをインポートします。

方法3.「追加」アイコンをクリックし、MKVファイルを追加できます。

注:「編集」ボタンをクリックし、MKV動画を編集できます。

複数のMKVファイルを一括追加できます。

mkvファイルをインポート

ステップ2.作成設定

ソフトの右側にはDVD作成について設定できます。「テンプレートの設定」ボタンをクリックし、お好きなものを選択できます。

mkv作成設定

ステップ3.MKVからDVDを作成

設定が終わったら、「作成」ボタンをクリックし、MKV動画をDVDに作成します。

mkvをDVDに変換

わずか数ステップで特殊な拡張子であるmkvを簡単にDVDプレイヤーで再生出来るように変換し、DVDに焼くことができます。

iSkysoft 究極動画音楽変換」はよく動画を変換したり、MKVをDVDに書き込んで楽しんだりするという人にはピッタリのDVD書き込みソフトです。

関連トピックス

Home > 各形式の動画をDVDに > MKVをDVDで再生出来るように変換
Top