iPhone6SからiPhoneX/8へ音楽を簡単に転送する方法

Nov 10,2017 • Filed to: iOSからiOSへ • Proven solutions

新しくアップル社から発表されたiPhoneX/8へ高い関心を示している人は大勢いますし、現在iPhone6Sを利用しているという人の多くが、契約の2年縛りが切れるため、違約金などを知ら払う必要なくiPhoneX/8への機種変更ができます。
iPhone6SからiPhoneX/8へと機種変更を行う際にネックとなるのが音楽データなど、現在使用しているiPhoneに入っているデータの転送です。iPhone同士のデータの転送方法として特におすすめなのがiTransferというデータ転送ソフトであり、「iSkysoft iTransfer」を活用することで写真データや動画データを始めとして、電話帳のデータや音楽を転送することができます。これで安心してiPhoneX/8に今のiPhoneの音楽を入れることができます。

iPhone6SからiPhoneX/8へと音楽データを転送する場合、iTransferを利用する以外にも様々な方法があります。もしもiPhone6Sに入っている音楽データがiTunesストアで購入したデータのみという場合には新しいiPhoneでは購入した音楽データをダウンロードするだけで済みます。またWindowsやMacintoshなどのパソコンを持っていて、パソコンにiTunesをインストールしてある場合も、比較的簡単に音楽データを入れることができます。iPhoneX/8をパソコンに接続してiTunesを立ち上げ、iPhone6Sに入れてある曲データをと同じものにチェックを入れて同期をすることで同じ曲データやプレイリストを転送することができるのです。

iSkysoft iTransfer を利用して、iPhone6SからiPhoneX/8へ音楽を転送する方法

しかしiTransferを利用した場合、よりシンプルかつ直感的に曲データの転送ができますし、古いiPhoneから新しいiPhoneへとデータをそのまま転送することになるので、iPhone6Sに入っているものの、iTunesには入っていないという曲データを転送することも可能です。肝心のiTransferを利用しての曲データの移行方法についてご紹介します。

ステップ1:ソフトを起動し、新旧2台のiPhoneをケーブルに繋いでパソコンに認識させます。

信頼

ステップ2:音楽を転送します。

「音楽」を選択して、曲項目の一覧表を表示させ、転送したい曲のチェックボックスにチェックを入れていきます。チェックを入れ終わったら、「エクスポート」ボタンを押すことでiPhoneX/8へのデータが移されるので、少し待てば作業は完了します。

音楽をパソコンに転送

古いiPhoneから新しいiPhoneへ音楽データ等を入れる場合には、iCloudやiTunesを利用するのが簡単だとみなされていましたし、実際にiCloudやiTunesを利用する人は多くいます。しかし「iSkysoft iTransfer」というソフトを利用すれば、少ない作業でそっくりそのままデータを移すことができますし、iPhone同士のデータの移行ができるのはもちろん、アンドロイドスマートフォン同士のデータ移行や、iPhoneからアンドロイドスマートフォンへのデータ移行や、アンドロイドスマートフォンからiPhoneへのデータ移行移行も楽に行うことができます。iTransferには無料バージョンあるので気軽にパソコンに入れることができますし、異なるOS間のデータのやり取りが楽になるので、導入して損はないでしょう。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iOSからiOSへ > iPhone6SからiPhoneX/8へ音楽を転送する方法
Top