動画にエフェクトを追加する方法


動画にエフェクトをかけたい!

Part 1. エフェクトとは何?

エフェクトという単語を聞いたことはありますか?
エフェクトとは特殊効果という意味で、主に動画や音楽、画像などを加工するときに使います。

例えば単調の日常を映した映像にきらきら光るエフェクトを追加すればどこか楽しい映像になりますし、モノクロに映るエフェクトを加えればどこか悲しさのある映像にすることもできます。

さて、エフェクトは普段の動画編集ソフトに実装されているものですが、それ以外にエフェクトを自作して公開、共有しているサイトからダウンロードして入手することもできます。また、エフェクトはロイヤリティフリーに指定されていることが多いので、そのことを理解したうえで使用するようにしましょう。

Part 2. エフェクトを作るソフト

エフェクト加工ソフトafter efのfects操作画面

after effects 操作画面)


他にはafter effectsというソフトで自らエフェクトを作成することもできます。
after effectsとは、アドビシステムズからでているソフトで、映像分野ではとても有名です。
実際にテレビや映画などの現場でも使われているほど優れたソフトで、画像を読み込んでエフェクトを施すことで面白いものにすることもできますし、動画も工夫次第でかっこいいエフェクトの一部になることができます。
ただ、after effectsは誰でも簡単に使えるソフトとはいいづらく、どちらかといえばプロ向けなのです。実際にエフェクトを使った動画を編集してみたい場合はiskysoft社のFilmora動画編集をおすすめします。

Part 3. エフェクトをかける動画事例

Part 4. 多種類なエフェクトを加工できるソフトーFilmora動画編集

Filmora動画編集は動画にエフェクトを追加することができるソフトです。
after effectsは0からエフェクトを作っていかなければならないのに対し、Filmora動画編集はすでにエフェクト素材を数多く用意されているなので、誰にでも簡単に使うことができますよ。
それでは、このFilmora動画編集を使って実際に体験してみましょう。


エフェクトを追加できる「Filmora動画編集」は下記よりダウンロードしましょう。

for-mac-download
    for-windows-download
高度編集モード

STEP 1.

まずはFilmora動画編集を起動し、高度編集モードを選びます。


動画や画像をインポート

STEP 2.

次は編集したい動画や画像をインポートしましょう。
動画や画像ファイルを直接Filmora動画編集にドラッグ&ドロップします。
こうしてインポートされた動画や画像を一つずつ画面下にあるタイムラインへとドラッグ&ドロップして追加します。


エフェクト

STEP 3.

ここからいよいよエフェクトをかけるいってみましょう。
タイムラインのすぐ上にあるツールメニューの中からテキスト、フィルター、オーバーレイ、トランジションのいずれかを選択してみましょう。
それぞれを選択してみると色んな種類のエフェクトがサムネイルで表示されます。
そこから気になるエフェクトを選択し、画面右にあるプレビューを使って内容を確かめてみましょう。
気に入ったエフェクトが見つかりましたら、そのエフェクトを適用したい動画に合わせて追加していきましょう。

タイムライン

STEP 4.

追加されたエフェクトの長さや細かい位置はタイムラインの中で調整ができますので、必要な場合は調整します。

出力形式と出力保存先

STEP 5.

完成しましたらツールメニューのそばにある「作成」をクリックし、出力形式と出力保存先、ファイル名を決めて作成をクリックすればエフェクトを加えた動画が出来上がります。

 

エフェクトは至るところで場面を盛り上げることができるものですが、使うと効果てきめんな場面とそうでない場面は必ず存在しますので、雰囲気を見極めることも大事です。

iSkysoft > 動画編集>

Filmoraで動画にエフェクトを加える方法

関連記事

ユーザーコメント

究極動画音楽変換 for Windows

細かい設定ができる 速いのがうれしい

- ころせんせー

Free Video Downloader for Windows

素人は無理がと心配しましたが、かなり使いやすく操作も簡単です、とても良い商品で、発送も対応も大変...

- かな

Back to top