Windowsで複数の動画をつなげる(結合する)ことができる動画編集ソフトTOP5

撮影した動画データを編集する場合には不要なシーンをカットしたり、複数のシーンベンツに撮影したデータをつなげる(結合)する操作を行います。不要な部分をカットする場合には取り出したいシーンを分離して、結合する必要があります。複数の動画を結合させることは、編集作業の際に最も重要な操作のひとつです。

2つ以上の動画データを1つにつなげる方法ですが、編集用のソフトを起動して結合したいファイルをオープンします。順番を指定し、結合機能を利用して1つの動画に変換させます。結合させる2種類のデータは同一の解像度・フォーマット形式である必要があります。もしも異なる形式のファイルをつなげる場合には、事前にファイルを変換しておく必要があります。そのため、ファイル形式や解像度を変換する機能が付いているソフトを利用した方がよいでしょう。

Windows PCで複数の動画をつなげるためのソフトの紹介

Windows PCでは多くの動画編集ツールがありますが、おすすめのソフトを5つご紹介します。

おすすめ1.「Filmora」

filmora

一番のおすすめのソフトは、「Filmora」 です。
Filmoraは非常に多くのファイル形式に対応していて、スマホやタブレット端末で撮影した動画も編集することができます。OSはWindows 7~10に対応しているので、Filmoraは現在使用されているほとんどのWindows PCで利用できます。Filmoraは操作方法がシンプルなので、初心者でも簡単に扱うことができます。さらにFilmoraには結合以外にも多くの便利な機能が付いているので、基本的な編集作業から最終仕上げまで出来てしまいます。

おすすめ2. Windowsムービーメーカー

「Windowsムービーメーカー」はマイクロソフト社が無償で配布している動画編集用のツールです。Windows 10を利用している方におすすめで、公式サイトからダウンロードすることができます。操作方法が簡単なので、初心者でも簡単に取り扱うことができます。残念なことに、現在はWindows 10以外のバージョン向けのWindowsムービーメーカーの無償配布が中止されているため、Windows 8以前のバージョンを利用しているユーザーは利用できません。

おすすめ3. AviUtl

「AviUtl」は個人ユーザーによって作成されたフリーソフトで、動画の切り離しや結合も可能です。基本的な編集操作の他にも多くの機能が付いています。デメリットは、初心者にとっては操作しにくいことと、プログラムバグがあることです。途中でプログラムがフリーズしてしまう場合があるので、こまめに編集作業途中のデータを保存する必要があります。

おすすめ4.CyberLink PowerDirector 13

「CyberLink PowerDirector 13」は有料の動画編集用ソフトです。オリジナル動画を作成したり、DVDに焼く機能も付いているので、このソフトだけで何でも出来てしまいます。これは非常に完成度が高く、処理速度が速いという特徴があります。「CyberLink PowerDirector 13」非常に高機能で使いやすいというメリットがありますがライセンス料が高いので、簡単な操作だけをしたいユーザーには不向きです。

おすすめ5.VideoPad

「VideoPad」は試し期間であれば無料で利用できる動画編集用ソフトです。初心者でも簡単に操作することができるように分かりやすいガイドが表示されるので、編集作業が初めての人でも手軽に利用できます。基本的な作業をしたい人にはおすすめですが、中・上級者の方であれば機能面で物足りなく感じる場合があります。

Windows PCでは有料または無料の多くの動画編集ツールが利用できます。操作性や機能面の点で、自分に合ったタイプのものを選ぶようにしましょう。

田中摩子

Nov 25,2017 19:49 pm / Posted by to 各形式の動画編集

関連トピックス

Home > 各形式の動画編集 > Windowsで動画をつなげる(結合)ソフトTOP5
Top