/

動画にエフェクト加工できるソフト


動画にエフェクトを追加しませんか?


撮影したビデオや写真を、もっときれいにするために、フィルターなどエフェクト加工をする方もいると思います。
しかし、いざフィルター加工をしようと思ってソフトを探しても、自分にあったソフトはなかなか見つかりません。

そこで動画や写真にエフェクト・フィルターをかけるソフトを幾つか紹介したいと思います。


Parte 1:動画にエフェクトをかけるソフト紹介



Realtimes


① Realtimes

「Realtimes」は様々なフィルターがあり、その中から動画のシーンに合ったものを追加することができます。

それに、スマートフォンの動画からショートムービーを自動作成してくれる便利な機能が搭載されています。

作成したムービーはクラウド保存することや、他のデバイスやパソコンで閲覧することができ、更にはSNSで仲間と共有できるといった嬉しい機能も搭載されています。



 フォトビ


② フォトビ


「フォトビ」のフィルターはモノクロ、セピア、レトロ、ビビット、ソフトなどがあり、ムービーを簡単にフィルター加工できます。

動画と音楽を選ぶだけで簡単に動画編集が行なえ、長さにあわせて目安も教えてくれるので、初めての方にも手軽に編集することができます。

フィルター以外にもスタンプ、ペン、もじなど、様々な機能が搭載されていますが、その中でもキラキラ、キュート、ラブラブ、ゴージャスといったテンプレートは、かなりの人気となっています。

フォトビは青春時代の思い出を残すツールとしては、非常に合ったものとなっています。

 



 Adobe Premiere Clip


③ Adobe Premiere Clip

「Adobe Premiere Clip」はクラシック、グローリー、シネマ、ファッション、ノワールと様々なビデオフィルターを使って加工することができます。

他にも動画のカットや結合なども簡単にできます。

動画を取り込んでから作成までの一連の作業を自動で行なうことができるので、初心者にも安心して使うことができます。

動画に音楽を挿入する際にアプリ内の音楽を使いますが、購入した音楽を挿入することもできるので、動画をより良いものに仕上げることができます。

SlideStory


④ SlideStory


「動画編集はSlideStory」はNone、Real、Ray、Walden、Nashvilloといった様々なフィルターがあります。

他にも音楽の挿入やエンドメッセージの挿入などの機能もあり、動画をより良いものに仕上げることができます。

編集操作も少なく、編集した動画はプレビューで作成前に確認することもできるので安心です。

他にも編集した動画をSNSなどにアップロードすることもできるので、SNSを使っている方にとってはピッタリのソフトといえます。

 



filmora-interface

下記より「Filmora 動画編集」をダウンロードできます。

     



⑤ Filmora動画編集


「Filmora動画編集」はPCソフトですが、フェイクフィルム、ナイトライフ、モノグラフィー、ディストーションといった様々なカテゴリーのフィルターが146種類ほどあり、簡単な操作で、あなたの動画を素早く美しい野茂に仕上げることができます。

フィルター以外にもトランジッションやオーバーレイ、エレメント、音楽の挿入といった機能が豊富に搭載されています。

編集した動画は様々な形式で保存することができ、更にはDVDや他のデバイスに入れることができるので非常に便利です。

もちろんYouTubeやFacebookにもアップロードすることもでき、動画を友人や家族と共有することもできます。




Parte 2:Filmoraでエフェクトを追加する方法

そこで、今回はこのソフトを使って動画にフィルターをかける方法を紹介しましょう!
|
MP4動画を編集するには、下記より「Filmora 動画編集 プロ」をダウンロードして試してみましょう!

     

「Filmora動画編集」を起動

STEP 1

「Filmora動画編集」を起動させて縦横比を選択し、高度編集モードを選択します。

ファイルをインポート

STEP 2

「追加」をクリックしてファイルをインポートします。
インポートは「メディアファイルをインポートしてください」をクリックでもできます。

「フィルター」をクリック

STEP 3

インポートした動画をタイムラインにドラッグして「フィルター」をクリックします。

カラーバランス、コントラスト、カラー補正、鮮明度など

STEP 4

「フィルター」の中のフェイクフィルム、ナイトライフ、ディストーションなどのカテゴリーからフィルターを選択してタイムラインにドラッグします。

(*また、フィルター内では映像のカラーバランス、コントラスト、カラー補正、鮮明度など直接映像のクオリティ(画質)を補正する機能も搭載しています。)

STEP 5

動画の編集後、「作成」をクリックして完了となります。

 

このように「Filmora動画編集」はあっという間に動画にフィルターをかけることができますが、
「Filmora動画編集」があれば、あなたの思い出がより良いものとなることは間違いありません。


     

Back to top