21.5-inch Retina 4K iMacが予想されていたよりも早く使えるようになります。これは他の機能に加え、1080p HDの解像度と信じがたい4k, 4096 x 230のディスプレイがついたガジェットで、グラフィックがiMacデバイスの中で、最もはっきりして色鮮やかなものになっています。このiMacはRetina画面ではありませんが、2015年秋にリリースが予定されています。2013年、Appleは初版の27インチのiMacを公表しました。新しい21.5インチのiMacは少し小さいですが、より機能的で2015年の忙しい買い物シーズンには用意できているでしょう。

新しいEl Capitanベータが新しい21.5-inch Retina 4k iMacを公開

新しい21.5-inch Retina 4k iMacは消費者が手軽に使える機能を提供し、最新のベータ版がクリエイター向けに公表されています。これは新しい21.5-inch Retina 4k iMacとBluetoothリモートコントロールを含む、来るハードウェア製品の参考となります。以下が新しい機能です:

  • 新しいEl Capitan Beta references iMacはより高い解像度のAppleディスプレイパネルに対応しており、他のバージョンの大きな27-inch は5kディスプレイを提供します。

  • 4k解像度に加え(Yosemiteバージョンでは使用不可です)、内部にいくつかのアップグレードがあり、“Iris Pro 6200”とも知られている、新しいインテルグラフィックチップセットも含みます。新しいIris Proチップセットは、今年早くに公表された統合グラフィックの公認で、新しい21.5-inch Retina 4k iMacと完全に適合していると言われています。

mac os x el capitan beta 21.5-inch retina 4k imac 

  • 新しい AMD Radeon R9 の言及もあり、それらはM395, M380, M390,M395Xです。これらはベータ版で、これは21.5-inch Retina 4k iMacのアップグレードモデルが作成されていることを意味します。4k iMacグラフィックファイルについても言及されています。

  • El Capitan内には新しいファイルがあり、AppleはiMac Retina 4k向けの新しいリモコンを作成していることが確認されました。そしてこれは最新のBluetooth技術が使われています。新しいハードウェアは新しいBluetooth技術を搭載しており、これは赤外線センサーを使って複数のデバイスを接続できるワイヤレスチップを含みます。Bluetooth技術はマルチタッチトラックパッドがあり、慣性のスクロールサポートがついています。

  • Force touch supportとされる機能についても言及されており、またデバイスはSiriの再生を含むオーディオの対応も行います。Bluetoothリモートコントロールは赤外線とマルチタッチ機能に対応し、Apple製品の最新の製品になるでしょう。しかし、Bluetoothデバイスがその他のAppleデバイスでも使用できるかについての言及はありませんでした。

Macシステム復元ソフトiSkysoft 万能データ復元!for Macの簡単紹介

iSkysoft 万能データ復元! for Mac

iSkysoft 万能データ復元! for Mac

従来のデータ復元は専用の業者に依頼をして高額な請求を取られるのが常識で、復元を諦めてしまう方々が多く居ました。 しかし 「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」はMac、デジカメ、外付けハードディスク、SDカードなどの消えてしまったデータを安くて簡単で安全に復元できます。

操作方法は「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」を起動して数回のクリックだけで空にしてしまったゴミ箱やフォーマットにより消えてしまったデータなどを復元する事が可能なので誰でも安心して使う事が出来ます。

この復元機能を使って「OS X El Capitan」をインストールする前の「OS X Yosemite」だった時まで戻す事でダウングレードが簡単で安全に行うことが出来ます。

Back to top