AppleのOS-X BSP-Beta Seed programとは?

AppleのOS-X BSP-Beta Seed programは、Appleにより提供されているプログラムで、ユーザーが使うことができ、プレリリースされているソフトウェアをテストできます。この目的はAppleにフィードバックをして、完全な品質のものをAppleが提供できるようにするものです。これは招待のみのプログラムで、Appleの新しく公開予定のソフトウェアを最初にみることができます。プログラムでは、ユーザーはApple製品を異なる環境で試すことができ、その経験はAppleの将来の成功につながります。AppleのOS-X BSP-Beta Seed programのメンバーになるには:オンラインでプロフィールを作成し、カスタマーシードと秘密保持契約に署名して、最後にAppleにフィードバックを行います。

Part 1. OS-X-El/Capitan- BSP/Beta Seed Programにサインアップする方法

Apple OS X Beta Seed ProgramはAppleのプレリリースソフトウェアを試す魅力的な方法ですが、4つのステージがあり、これにはリスクが含まれる可能性もあります:

  • Stage 1. オンラインプロフィールを完成させる - Appleはあなたについての情報を集めます。例えば名前、基本的な興味、コンピューター環境への精通などです。これは会社がプログラムに理想的な個人を選択するのに役立ちます。
  • Stage 2. カスタマーシードと秘密保持契約に署名する - AppleはOS X El Capitanなどプレリリースされたソフトウェアを秘密のプロパティとして考えるため、OS X Beta Seed programのメンバーは、サインアップする前に、秘密保持契約を読み、同意する必要があります。
  • Stage 3. 選択される - 最低限の要件がそろったら、Appleがプロフィール情報やAppleのエンジニアチームの必要を考慮して、特定の製品にあなたを選びます。Appleは、OS X Beta Seed programに傘下できることを100%保障しているわけではありません。
  • Stage 4. Appleにフィードバックを提供 - Appleはあなたが選択されたら、技術的なアンケートに答えるように期待しています。また、バグレポートを記入したり、オンラインディスカッションに参加したりすることを求めています。

Part 2. El Capitanアップデートの際にMacコンピューターで何ができるか

もしMacソフトウェアの最新の機能を楽しみたい場合、新しいEl CapitanをMacデバイスでアップデートすることは重要です。新しいEl Cpitanは素晴らしい機能を搭載しています;向上されたパフォーマンス、Safariとの内蔵Appleウェブブラウザ、メールスワイプ、画面分割など。El Capitanアップデートを楽しむにはMacコンピューターで以下のことをする必要があります:

  • 新しいアップデートを行うためにハードディスクドライブに40GB のスペースを空けておきましょう。
  • 最低2GBのRAMを持っておきましょう。
  • ハードドライブを区切り、El Capitanをインストールして自動でアップデートするようにしましょう。追加のパーティションはアップデートにより多くのスペースを提供し、コンピューターのパフォーマンスが傷つかないようにします。
  • El Capitanにアップグレードする前にMacコンピューターのバックアップをし、データとファイルが失われないようにしましょう。

Part 3. El Capitanベータ版のリミット

El Capitanベータ版に関する問題には:

  • 2段階承認を、特にEl Capitan Beta 3をインストールした後に行おうとすると、iCloudのデータにアクセスできないというエラーが表示される必要があります。
  • El Capitan Betaは消去されたメールメッセージを選択的に復元することができず、El Capitan Betaのインストール前に受信されたすべてのメールは、プロアクティブアシスタント機能では完全には作動しません。
  • El Capitan Betaのフォトライブラリは、ライブラリが開けられたら、逆転できません。El Capitan BetaをYosemiteや他の以前のソフトウェアバージョンで開くことはできません。
  • El Capitan Betaの写真アプリはシステムがスリープモードに入るのを妨げます。そのため、スリープモードにするにはシステムを終了する必要があります。
  • El Capitan Betaのテキストは選択したシステムの言語にローカライズされないかもしれません。

Part 4. AppleのOS-X BSP-Beta Seed programのリスク

Apple OS X Beta Seed ProgramはAppleのプレリリースソフトウェアを試す魅力的な方法ですが、4つのステージがあり、これにはリスクが含まれる可能性もあります:

  • プレリリースのソフトウェアは複雑かもしれません。ソフトウェアにはいくつかのバグがあり、まだ改良されていない問題があるかもしれません。そのような問題はシステムをシャットダウンするかもしれません。
  • 新しいソフトウェアを試している間は、サポートがありません。Appleは新しいソフトウェアを試している間、メインテナンスのサポートを行う義務がないため、もしコンピューターがおかしくなれば、料金が発生するかもしれません。
  • 法律により、ソフトウェアの情報を公開することは許されていません。Apple OS X Betaの秘密情報を公開することは、法律違反につながるかもしれません。
  • もしバックアップを取らなければコンテンツを失うリスクにつながります。新しいソフトウェアをMacのバックアップを作成する前にテストすると、すべての情報を失うかもしれません。
  • プライバシーがなくなります。Apple OS X Beta Seed Programに選ばれるには、あなたの情報を開示する必要があり、プライベートの情報を漏らすことにつながるかもしれません。

Macシステム復元ソフトiSkysoft 万能データ復元!for Macの簡単紹介

iSkysoft 万能データ復元! for Mac

iSkysoft 万能データ復元! for Mac

従来のデータ復元は専用の業者に依頼をして高額な請求を取られるのが常識で、復元を諦めてしまう方々が多く居ました。 しかし 「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」はMac、デジカメ、外付けハードディスク、SDカードなどの消えてしまったデータを安くて簡単で安全に復元できます。

操作方法は「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」を起動して数回のクリックだけで空にしてしまったゴミ箱やフォーマットにより消えてしまったデータなどを復元する事が可能なので誰でも安心して使う事が出来ます。

この復元機能を使って「OS X El Capitan」をインストールする前の「OS X Yosemite」だった時まで戻す事でダウングレードが簡単で安全に行うことが出来ます。

Back to top