iPhoneデータ復元を利用してiPhone8/8Plusにある写真やデータを復元しよう

iPhone8/8Plusを使っている際、間違えて写真などのデータを削除してしまったという経験をした人は多いでしょう。iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元を使って、iPhone8/8Plusの写真を元に戻したり削除する方法をご紹介します。

iSkysoft Toolbox-iPhoneデータ復元を利用して、iPhone8/8Plusなどからデータを元に戻す方法がいくつかあります。まずiPhone8/8PlusやiPad pro、iPod touchから写真などを元に戻すには、削除したものをiPhone8/8Plusなどから戻す可能性を高めるため、デバイスの使用をやめます。損失した後に操作すると、削除されたり、上書きするので永久に失われることになります。


iPhone8/8Plusから削除してしまった写真を復元する方法

パソコンに最新のiTunesをインストールします。次に、iTunes同期しないという設定を行いましょう。
iTunesを起動し、iTunesの編集、設定を開き、デバイスをクリックし、「iPhone、iPod touch及びiPadを自動的に同期しない」にチェックし、OKをクリックします。完了したらソフトをとめましょう。

ステップ1.「iSkysoft Toolbox for iOS」を起動して、「データ復元」機能を選択します。

iPhone8をパソコンに接続して、iPhoneなどで「信頼」をタップしましょう。ソフトを起動し、「データ復元」機能を選択します。デフォルトでiOSデバイスから復元というウィンドウに移動しましょう。

iPhoneデータ復元

ステップ2.iPhone8上のデータをスキャンします。

iOSデバイスから復元のウィンドウに、「デバイスから削除されたデータ」か「デバイス上の既存データ」の選択が出るので、どちらかかすべてを選択することが可能です。
ニーズに応じて選択肢の中からファイルタイプを選ぶこともできます。開始ボタンをクリックし、デバイスにあるものをスキャンします。

iPhoneデータ復元

スキャン中に探しているアイテムを見つけたら、ストップボタンをクリックし、スキャンを停止します。
スキャンしたものをプレビューします。検出されたアイテムは自動的にプレビューすることができ、画面をクリックすると見つかったものをプレビューすることが可能です。ファイル名を入力し、必要なデータを検索することができます。

ステップ3.iPhone8/8Plusから写真などを元に戻します。

ファイルタイプをチェックし、復元ボタンをクリックしましょう。
選択したものは、パソコンに保存されますが、メッセージや連絡先・メモなどのファイルは「パソコンに復元」か「デバイスに復元」を選択することが可能です。

iPhoneデータ復元

その他にも iTunesバックアップファイルからとiCloudバックアップファイルから元に戻すことが可能です。iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元を利用すると、専門業者に頼らずに自分で喪失した写真などを簡単に元に戻すことができます。

最新スキャンアルゴリズムによって、内臓ハードディスクや外付けの記憶媒体に格納される写真などを壊さずに、ディスクをスキャンすることができ、失われたものをスピーディに元に戻してくれるでしょう。
削除やフォーマット・誤操作などの喪失に備えるため、いろいろなリカバリーモードを選択することが可能です。
失われたファイルを元に戻すのに、指定したフォルダをスキャンするので時間がかからなかったり、Rawファイルの復元ではディスクをディープスキャンするので、Rawファイルも検索することができます。
パーティションの復元では 削除やリサイズ、壊れたパーティションなどからも復旧し、復元の再開ではスキャンした結果を維持すると後で再開することができるでしょう。iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元を利用すると、簡単にデータを元に戻すことができるの非常に便利なツールです。

渡辺純子

Sep 29,2017 15:43 pm / Posted by to iPhone

関連トピックス

Home > iPhone > iPhone8/8Plusから削除してしまった写真を復元する
Top