iPhone8ではイヤホンジャックは復活せず、どのようにして音楽を聴くのか!?

Dec 12,2017 • Filed to: iPhone • Proven solutions

新しいiPhoneとして注目を集めたiPhone8ですが、特に多くの人が期待したのがイヤホンジャックの復活となります。iPhoneシリーズではiPhone7からイヤホンジャックが廃止されiPhoneにはライトニングケーブル端子だけが残されました。iPhoneはiPodとしての機能も備えており、音楽を聴くという人も多い中でのイヤホンジャック廃止は賛否両論が起きました。そんな中iPhone8ではイヤホンジャックが復活するのではないかと期待されていましたが結局復活はせず、相変わらず端子はライトニングケーブル端子だけという状態でリリースされました。

イヤホンジャック無しとなった理由

なぜiPhoneでイヤホンジャックが廃止され、iPhone8でも復活しなかったのかといいますと、それはiPhoneの性能と使い勝手の良さを上げるためという理由からです。
端子が減ったことによってiPhoneのバッテリーの持ちは従来よりも良くなりましたし、iPhoneでは長らく非対応だった防水機能にも対応できるようになりました。また高性能カメラやモーションセンサーなどを搭載しているiPhoneでは、イヤホンジャックと高性能カメラやモーションセンサーの機能が干渉してしまい、うまく動作ができないということも大きな理由となっています。イヤホンジャック無しとなったことは残念ではありますが、これによりiPhoneの全体的な性能や利便性は大きく向上したのです。

イヤホンジャック無しで音楽を聴く方法とは

イヤホンジャック無しの場合、公共の場などで音楽を聴きたいと思っても聴くことができないと感じる人は大勢いることでしょう。しかしながらイヤホンジャック無しでも音楽を聴く方法というのは幾らでもあります。

①変換ケーブルを利用して手持ちのイヤホンやヘッドホンを接続して聴く。

②端子がライトニングケーブル端子になっているイヤホンやヘッドホンを利用して聴く。

③Bluetooth対応のイヤホンやヘッドホンを利用して聴く。この3つのパターンが考えられます。

①の方法については現在持っているお気に入りのイヤホンやヘッドホンが流用できるというメリットがありますし、変換ケーブルは比較的安価に購入できるということもあって初期費用を抑えてiPhone8で音楽が聴けるというメリットがあります。iPhone7でイヤホンジャック無しとなってからは変換ケーブルを販売する業者が増え、現在では家電量販店やインターネット通販などで手軽に購入ができます。

②の方法については①の方法と比較してケーブルや荷物が嵩張らず、より快適に音楽が聴けるというメリットがあります。但し端子がライトニングケーブル端子となっているイヤホンやヘッドホンは基本的にiPhoneでしか利用できませんし、変換ケーブルを利用するのと比べると費用がかさむという問題点もあります。

③の方法は特におすすめできる方法だといえます。無線接続となるのでケーブルの絡み等に悩まされることがありませんし、音楽を聴きながらiPhone8を充電することもできます。
またiPhone8以外の端末にも利用できますし、これからBluetooth対応の聴きはどんどん増えてくると考えられるので、長い目で見るとBluetooth対応のイヤホンやヘッドホンを購入しておくことは賢い選択だと考えられます。

iPhone8はイヤホンジャックが無いということで非常に音楽が聴きにくいように感じられますが、変換ケーブルやBluetooth対応のイヤホンやヘッドホンを用意すれば問題ありません。特にBluetooth対応のイヤホンやヘッドホンはケーブルがなくてスッキリしているので、利用するメリットは大きいと考えられます。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > iPhone > iPhone8ではイヤホンジャックは復活せず、どのようにして音楽を聴く?
Top