HEIC形式の写真を復元する方法とは?

Nov 07,2017 • Filed to: ファイル復元 • Proven solutions

iOS11から新たに採用されたHEIFフォーマットは、iPhone8やiPhoneXに最初の段階でインストールされています。しかし、そもそもHEIFフォーマットやHEICに関してよく知らないという方も多いでしょう。そこで今回は、HEICの拡張子を持つ写真の特徴や、使用されるシーン、万が一失った場合に復元する方法についてご紹介します。

HEIC写真とは

iOS11から新しく採用されたHEIFフォーマットのファイルは、拡張子が.heicとなっています。iOS11などでサポートされた写真および動画のファイル容量を抑えられる特徴を持つ、高圧縮画像フォーマットです。
従来の「カメラ」アプリで撮影できる写真は、JPEGファイルで保存されてきました。しかしiOS11における「写真」では、HEIFフォーマットで保存することで、ストレージの容量を節約しながら高画質な画像を手に入れられます。そもそもHEIFは、静止画やビデオを格納するためのメディアフォーマットの一つで、「Moving Picture Experts Group」によって規格化されています。
HEIFでは、画像1枚によって1つのファイルが構成されるのではなく、複数のファイルおよび付帯情報が一つにまとめられたコンテナファイルになります。静止画像を複数収められる特徴があるため、連写でもアニメにも対応することができますし、音声までまとめて保存することが可能です。

しかし、iPhoneを使用していると、何らかの問題が起こってHEIC写真が消えてしまうケースも考えられます。突然データが消失してしまうと焦りがちですが、そんな時に備えておくと便利に活用できるのが、データをリカバリーできる専用のソフトです。様々な場面で消失したデータを復元できる特徴を持つソフトが、「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元」です。データがどのように失われても、3種類のモードを使って消えたデータを簡単に復元することができます。直接iPhoneをスキャンすることでデータを復活させたり、iTunesまたはiCloudのバックアップからでも復活させることが可能です。

HEIC写真を復元する方法

このソフトで消えたHEIC画像を復元するには、まずソフトをパソコン内にインストールする必要があります。USBケーブルを用意して、iPhoneとパソコンを繋いでおきましょう。

ステップ1.「データ復元」機能を選択します。

ソフトのインストールが済み、起動させたらメインのインターフェースが示されるので、様々なメニューの中から「データ復元」という機能を選んで下さい。

iPhoneデータ復元

ステップ2.復元モードを選択します。

先程触れたように、こちらのソフトには復元するためのモードが3種類準備されていますので、ユーザー自身のケースに最適なモードを選択できます。希望のモードをクリックして作業を進められますが、仮に「iOSデバイスから復元」を選択した場合には、iOSを直接スキャンすることで失ったHEIC画像を復活できるシステムになっています。このモードを選ぶとウィンドウが開き、2種類の選択肢が画面に現れますので、適している選択肢を選びましょう。

iPhoneデータ復元

ステップ3.HEIC形式の写真を復元します。

続いて、パソコンに繋いだiPhoneデバイスをスキャンするために、画面上に設定されている開始のボタンを押します。スキャンの結果が出たら、ファイルをプレビューして確認することが可能です。該当のファイルを選んだらファイルの種類をチェックして、「復元」のボタンを押すだけで、消えたデータを復活できるシンプルな仕組みが特徴です。ファイルはデバイスあるいはパソコンのいずれかに保存できるようになっています。

iPhoneデータ復元

いかがでしたか。容量を適度に節約しながら高画質な写真を楽しめるHEIC 写真ですが、万が一のことを考えて、写真が消えてしまった時にiPhoneデータを復活させるソフト「iSkysoft Toolbox- iPhoneデータ復元」を揃えておきましょう。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > ファイル復元 > HEIC形式の写真を復元する方法
Top