iSkysoft > その他の動画変換(1)>

iMovieにビデオをインポート

iMovie(iMovie'11含む)にビデオをインポートする方法

  

iMovieはどのようなビデオフォーマットをサポートしていますか?

Appleによれば、iMovieは次のようなビデオフォーマットをサポートします
:MPEG-4、QuickTimeのMOV、MPEG-2、AVCHD、DV(標準と高精細度タイプのビデオの両方)。
H.264、MPEG-2、MPEG-4、DVとAICを含め、一般的に使用されるほとんどのビデオコーデックをサポートします。
お持ちの動画が、上記のフォーマットとビデオコーデックに基づいているなら、iMovieへのインポートは非常に容易であると思われます。

iMovieへのビデオインポート方法の手順を参照してください。

iMovieに互換性のないビデオやムービーをインポートする方法

オンラインでダウンロードしたファイルや、ビデオカメラで撮影したムービーがiMovieと互換性が乏しいという事態は常に発生してくるでしょう。
iMovieのためにふさわしいビデオフォーマットが必要となります。運悪く不適格なファイルであった場合、それを修正する方法があります。

iSkysoft「メディア変換 for Mac。本製品を使用することでiMovieとの互換性のあるフォーマットにビデオ変換が行えます。
ビデオ変換を行うにあたっては最善の方法と言えます。
ここでアプリを動作させるための手順は以下のようになります。
初めにアプリをダウンロードしてインストールし、その後で次の手順に従ってください。

1

メディア変換 for Macにビデオを追加

アプリに直接ドラッグ&ドロップするか、 "ファイル"メニューから"メディアファイルを読み込む"を選択できます。バッチ変換が可能ですので、一度に複数のファイルを追加できます。

ビデオからimovieへ

2

出力フォーマットを選択

使用者の便宜を考えて、「メディア変換 for Mac」には出力形式としてすでにiMovieのプリセットが備わっています。「ドロップダウン·リストから出力形式としてふさわしいものを選ぶ」これだけで済みます。。

ビデオをimoive形式を選択

3

ビデオをiMovieと互換性のあるフォーマットに変換開始

ビデオフォーマットを変更するには "変換"ボタンを押すだけです。高速の変換でわずか数分で全体のプロセスを完了できます。ビンゴ!そのやり方です!

ビデオをimoive形式に変換

これでもう自由にiMovieに動画をアップロードできるようになりました。

Mac OS XでiMovieにビデオやムービーをインポートする方法?

iMovieを起動して、すぐにビデオをインポートできるようにしてください!

すでにMacにファイルを保存している場合は、「ファイル」から> [インポート]を開いてファイルを見つけられます。その後で作業中のイベントにビデオを追加するか、または新しいイベントを作成し、それに名前を付けることもできます。

まだファイルがお使いのビデオカメラに残っている場合は、FireWireを使うか、お使いのMacをUSBケーブルでビデオカメに接続すれば使用できます。

そのiMovieのインターフェースでアイコンをクリックしてビデオのインポートを行います。
ビデオカメラとパソコンをUSBケーブルで接続した場合、通常はMacが自動的にカメラを検出し、インポートウィンドウを開きます。あとはMac上で表示されるメッセージに従うだけで、ご自身のインポートプロセスを完了できます。

 

お勧め製品

究極動画音楽変換 for Windows

究極動画音楽変換 for Windows

6980円
5580円

iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windowsは非常に高い互換性の高いソフトで、動画変換、音声変換、DVD変換、DVD作成、Web動画のダウンロードなど豊富な機能を装備するスーパーソフトウェアです。


究極動画音楽変換 for Mac

究極動画音楽変換 for Mac

7980円
6380円

究極のオールインワンDVDおよびビデオソリューションを提供。

人気記事

Back to top