Macでも出来る!?Officeソフトで作成したファイルを復元できるソフトと使用方法をご紹介

誤って削除してしまったOfficeファイルを復活させることができるの?

仕事でMac OSのパソコンを利用している方であれば、Windowsパソコンで作成されたWordやExcelなどのOfficeファイルを取り扱う機会があります。Mac OS版のOfficeソフトを利用してファイルを作成する場合もあります。パソコンで作業をする際に誰もが一度は経験する失敗に、不要なファイルを削除する際に、誤って必要なファイルを一緒に消去してしまうケースがあります。

ゴミ箱に入れてしまうだけなら問題ありませんが、ゴミ箱を空にしてファイルを完全に消去してしまうと元に戻すことができません。パソコンでゴミ箱を空にしてファイルを“削除”したとしても、ファイル名の先頭の1文字だけが消去されるだけで、データ内容はディスクに残されています。ファイルを削除するとディスクに別のファイル(データ)を上書き保存ができる状態になるだけです。
ディスク上で削除されたファイルのデータがあった場所に別のデータが上書き保存されなければ、専用のソフトウェアを使用すれば復元させることが可能です。もしも誤ってOfficeファイルを削除してしまった場合には、ディスクにファイルを書き込みをしないようにして復元を試みることができます。

削除してしまったOfficeファイルを復元するソフト

Mac OSのパソコンで誤って削除されたファイルを復元するためのソフトウェアとしてiSkysoft「万能データ復元!for Mac」があります。もしもこのソフトがパソコンにインストールされていなければ、削除されたファイルがあったディスクとは別のドライブにiSkysoft 万能データ復元! for Macをインストールして、失われたファイルの復元を試みることができます。

iSkysoft 万能データ復元! for Macは削除されたファイルのデータを取り出すためのソフトウェアですが、削除したディレクトリ内のファイルもデータを取り出すことができます。フォーマットしたディスクのパーティションも元に戻すことが可能です。iSkysoft 万能データ復元!for Macは、パソコンについての専門的な知識を持たない人でも簡単に操作ができるように設計されています。

Macで削除されたOfficeファイルを復元する方法

1.「削除したファイルの復元」を選択する

「iSkysoft 万能データ復元! for Mac」を起動するとメインウインドウが表示されます。「削除したファイルの復元」を選択し、ファイルの復元が開始します。

「削除したファイルの復元」を選択

2.スキャンが完了しましたら、「次へ」をクリックし、復元したいファイルを選択し、「復元」を押す

スキャンが終了すると、削除されたファイルの一覧が表示されるので、該当するものを選択して「復元」を選択します。ファイル名と保存先を指定してセーブします。

復元

3.復元ファイルの保存先を選択して、「保存」をクリックすると、ファイルを復元する

Officeファイルを保存

Officeは販売時期やバージョンによってファイルの拡張子が異なります。比較的古いWordで作成されたファイルであれば拡張子が「doc」、Excelであれば「xls」です。パワーポイントであれば「ppt」または「pptx」です。比較的新しいバージョンであれば他の拡張子の場合があり、Wordであれば「docm」「docx」「dot」「dotx」、Excelであれば「xlsm」「xlsx」「xlt」「xltx」「xlw」などがあります。WordとExcelは拡張子の種類が多いので、注意深くファイルを探す必要があります。

iSkysoft「万能データ復元!for Mac」があれば誤って削除してしまったファイルのデータを取り出すことができるので、もしもの時のために仕事用のパソコンにインストールしておくことができます。

渡辺純子

Sep 10,2018 14:44 pm / Posted by to OFFICE復元

関連トピックス

Home > OFFICE復元 > MacでOfficeファイルの復元する方法
Top