iSkysoft > OFFICE復元>

PowerPoint パワーポイントのPPTファイルを修復する

PowerPoint のPPTファイルを修復するには?

  

[今日の午前中には普通に開いていたファイルが夕方に開こうとしたら「***.pptを開けません。ファイルが壊れているか、使用中または、Power Pointで認識されない可能性があります」となってしまいました。かなり途方にくれています。どこかにバックアップデータが残っていたりするのでしょうか?誰か助けて下さい!!お願い致します。]

せっかく製作したプレゼンテーションのコンテンツをもう一度作り直さなければならない事態になってしまうかと思われますが、その前に以下の二つの方法でPPTデータの修復を試してみる事が出来ます。

ヒント:Macユーザーの場合は、Macのデータ復旧ソフトウェアを試すことができます。

方法一:TempフォルダからPPTを修復

PowerPoint プレゼンテーションを作成している際、[PPT####.tmp] (#### には任意の 4 桁の番号が入ります) という名前でファイルの一時的なコピーが作成されます。このTemp ファイルは、Tempフォルダーに保存されています。一時ファイル名の拡張子を "".ppt"" に変更すると、PowerPoint で開くことができます。しかし毎回必ず保存されるとは限らず、ファイル復元できないことがあるかもしれません。

以下の手順:

1.「スタート」ボタンをクリックし、「検索」をポイントし、「ファイルやフォルダ」をクリックします.

2.PowerPoint プレゼンテーションの一時ファイルを検索します。 

[名前] ボックス、または [ファイルまたはフォルダの名前] ボックスに「PPT*.tmp」と入力します。次に、[探す場所] ボックスの一覧から、[マイ コンピュータ] をクリックし、[検索開始] をクリックします。 

3.検索されたファイルの拡張子を変更します。 

一時ファイルをクリックして選択し、[ファイル] をクリックし、[名前の変更] をクリックします。次に、ファイルの拡張子を "".tmp"" から "".ppt"" に変更します。 

4.拡張子を変更した一時ファイルを PowerPoint で開きます。 

最後に保存したプレゼンテーションに対応するファイルが複数存在する場合は、それぞれのファイルを開き、どのファイルが一時ファイルに該当するかを判断する必要があります。

方法二:Macで失われたPPTファイルを復元する手順

iSkysoft『万能データ復元!for Mac』なら、簡単にMacでゴミ箱削除されたデータを復旧することができます。

ステップ 1: 復元モードを選択する

まず、「万能データ復元(Mac版)」をインストールして、起動します。それから「失われたファイルの復元」をクリックすると、「失われたタイルの復元」復元モードを選択します。

ステップ 2:パソコンのデータをスキャンします。

まず[失われたファイルの復元]でファイルが消えてしまったロジカルドライブを選択してスキャンします。

ステップ 3:プレビューとデータ復元

復元したいファイルはカバーフローやサムネイル表示でプレビューして確認することができるので、ファイルの選択を間違えることはないでしょう。 復元したいファイルにェックを入れて[復元]をクリックすれば、簡単にMacへファイルを復元することができます。

お勧め製品

万能データ復元!for Mac

万能データ復元!for Mac

8980円
7680円

削除されたデータ、フォーマットされたデータ、消えてしまったデータを完全に復元します。


iPhone データ復元 for Mac

iPhone データ復元 for Mac

7980円
5980円

Mac専用!簡単にiPhone、iPad、iPod touchのデータを復元!

人気記事

Back to top