Macで空にしたゴミ箱を復元する方法

誤ってファイルを削除し、ゴミ箱を空にしました。このような場合はまだ復元できますか?

Macでゴミ箱を空にするときは、本当にファイルを削除していません。削除されたファイルはお使いのオペレーティングシステムコントロールから離れただけです。新しいファイルで上書きしていなければ、実際に削除されたファイルは、お使いのMacのハードドライブに物理的に残ります。それで、空にしたゴミ箱を復元できます。

空にしたゴミ箱から隠されたファイルを復元したいなら、iSkysoft「万能データ復元!for Macをおすすめします。安全、迅速かつ簡単で、Macでごみ箱から削除されたファイルを元に戻すことができます。削除された写真、ビデオ、音楽、アーカイブ、ドキュメント、およびMacデスクトップ、MacBookのUSBスティック、携帯電話やその他の外部記憶メディアを復元できます。
 
無料体験版がありますので、今すぐそれを入手してください。

Macで空にしたゴミ箱のファイルを復元する方法

 
1.復元データを選択する
万能データ復元!for Mac」のプログラムをダウンロードし、起動させます。復元したいデータのタイプを選択します。

復元データを選択

2.ゴミ箱のファイルを検索する
「ゴミ箱」を選択して、「スキャン開始」をクリックします。

ゴミ箱のファイルを検索

3.ゴミ箱のファイルを復元する
必要なファイルを回復するには、前のチェックボックスをオンにして、「復元」ボタンをクリックします。
注:復元されたデータを損失したデータが格納されていた領域に保存しないください。可能であれば、外付けハードドライブを使用することをお勧めします。

ゴミ箱のファイルを検索

 
ゴミ箱を空にすると、復元したいなら、「万能データ復元!for Mac」を使って、復元してみてください。
渡辺純子

Jul 11,2017 14:19 pm / Posted by to ファイル復元

関連トピックス

Home > ファイル復元 > Macで空にしたゴミ箱を復元
Top