PCから間違って削除してしまったファイルの復元方法を知りたくないですか?

Jul 02,2020 • Filed to: ファイル復元 • Proven solutions

Windowsパソコンで作業をしている時に誤って削除してしまったファイルデータを復旧させる方法は、専用のアプリケーションソフトを利用することです。PCでゴミ箱を空にしても、ファイル名の先頭の1文字だけが消されるだけで、データはそのままディスクに残されています。別のデータが上書きされない限り、削除されたデータを復元することが可能です。

もしも誤ってファイルを削除してしまった場合には、そのドライブに別のデータが上書きされないように注意ながら復旧を試みることができます。システムドライブ(Cドライブ)であればインターネットブラウザなどが一時保管用のキャッシュを書き込んだりセキュリティソフトが自動的にデータの更新をする場合があるので、なるべく早く復旧作業を始めることが重要です。

Recoveritは誤って削除してしまったファイルを復元することができるソフトウェアです。ほぼ全ての形式のファイルに対応しており、Windows2000以降であれば、ほぼすべてのWindows PC(32/64ビット版)で動作します。ハードディスクや他の(光)磁気メディアなどの他に、SSDやUSBメモリ・メモリカードなどのフラッシュメディアにも対応しています。

Recoveritは機能が制限された無料版と有料版があり、100MB以下のデータであれば無料版でも対応できます。誤ってデータを消去してしまった場合に備えて、無料版をインストールしておくこともできます。データを復旧させることができるソフトウェアは他にもありますが、Recoveritはディレクトリー内部のデータも復元することができるという特徴があります。削除したディレクトリ内部のデータまで復旧させることができるソフトウェアは限られています。

削除してしまったファイルの復元方法

step1. ソフトを起動します。

ソフト起動

step2. 削除されたファイルがあったドライブを選択します。

ドライブ選択

step3. ファイルをスキャンします。

ファイルスキャン

step4. ファイルを修復します。

該当するファイルにチェックを入れて「復元」ボタンをクリックすると保存先を指定する画面が表示されるので、別のドライブにファイルを保存することができます。

ファイル修復1

ファイル修復2

Recoveritを利用すれば、専門的な知識を持たない方でも簡単に削除されたファイルを復元することができます。万一の場合に備えて、無料版をインストールしておくことができます。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > ファイル復元 > PCから間違って削除してしまったファイルの復元方法
Top