パソコンのゴミ箱を空にしたあとの復元なら「Recoverit」を

Jul 02,2020 • Filed to: ファイル復元 • Proven solutions

パソコンでファイルを削除しても、ゴミ箱に保存され、簡単に元に戻せます。そのため、HDDの容量に余裕がある場合は、なるべくゴミ箱は空にしないほうがいいと言えます。しかし、HDDの空き容量がなくなりそうな場合は、ここを空にすれば空きが増えますから、頻繁に空にするということになります。また、ゴミ箱の容量は決まっており、その容量を超えてしまうと、古いファイルから削除されていきます。パソコンのゴミ箱から削除されたファイルは、もう取り戻せなくなります。

しかし、無料ソフトの「iSkysoft Recoverit」を使うと、ゴミ箱から失われたデータを復旧できます。無料版だと100MBまでですが、テキストファイルならたいていは間に合います。動画のような、サイズの大きなファイルを復元する場合は、有料版を購入し、使用します。復元したいデータの保存領域に上書きされていなければ、削除したファイルを高い確率で復元できます。ゴミ箱を空にした、という理由であれば、ハードディスクが傷んでいる可能性も低く、「iSkysoft Recoverit」で復元できる可能性は高いと言えます。ほとんどの形式のファイルが自分で復元できるため、たいへん便利です。

パソコンのゴミ箱には、削除されたファイルが保存されています。HDDに空きが多ければ、あえてここを空にする必要はありません。削除したファイルでも、時に必要になることもあるからです。また、あらかじめ決まっているゴミ箱の容量を超えそうになると、古いファイルから削除されていきます。自分であえて空にした場合と同様、もうゴミ箱から削除されたファイルは取り戻せなくなります。それを可能にするのが、「iSkysoft Recoverit」です。

パソコンのゴミ箱から削除されたファイルを復元する方法

iSkysoft「Recoverit」は簡単に利用できます。iSkysoft「Recoverit」のサイトには、無料ダウンロードのボタンがあり、そこをクリックしてソフトをダウンロードし、インストールします。そのあとは、日本語の案内に沿って、聞かれたことに、チェックボックスへチェックをつけることで答えていくだけです。

ステップ1. メインメニューの「ごみ箱復元」をクリックします。

「ごみ箱復元」をクリック

ステップ2. ごみ箱をスキャンします。

ゴミ箱にチェックをつけます。そのあとスキャンが始まり、スキャンが終わるとその結果が表示されます。

フごみ箱をスキャン

ステップ3. 失われたファイルの復元を選択すると、「復元」をクリックして保存するため、パスを選択し「復元」をクリックしてから復元が開始します。

スキャンが完了できましたら、データにチェックを入れて、「復元」をクリックします。

復元が開始

保存

iSkysoft Recoverit」で復旧できなかった場合は、取り戻したいファイルが保存されていた領域に、上書きされてしまっている可能性があります。ハードディスクに空きがあまりない状態で使っていた場合は、あり得ることです。諦められない大事なファイルであれば、プロに頼んで復旧を試してみることもできます。プロに頼んでも、上書きされている場合はもうファイルは取り戻せませんが、上書き以外のなんらかの理由で復旧できなかった場合は、ファイルを取り戻せる場合もあります。費用は高額で、十万円以上になることもあります。

ゴミ箱から削除したファイルでも、「Recoverit」を使えば無料で100MBまでのファイルであれば復元できます。ほとんどの形式のファイルが復元できるという、優れものです。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > ファイル復元 > パソコンのゴミ箱を空にしたあとの復元
Top