Macでゴミ箱に捨ててしまったデータもRecoveritで復元

Jul 20,2020 • Filed to: ファイル復元 • Proven solutions

Recoveritは、間違って消してしまったり、何かしらのトラブルで消えてしまったデータを元通りに出来るソフトです。例えば、ゴミ箱に移してしまっただけならそのまま復元出来ますが、そこでも完全に消去してしまった場合、通常であれば復元することはできません。もしくは、データが破損してしまうとそのままもとに戻すことは不可能に近いです。

しかし、「iSkysoft Recoverit for Mac」を使えばこういったデータも諦めずに済むのです。例えば普段Macを使っていて、デバイスにいろいろなデータを保管していたとして、それが何かしらのトラブルで全部消えてしまう、というのは全くないことではありません。いきなり消えてしまうリスクもあります。例えばUSBメモリやハードディスクなどに保管している時も同じで、間違って消してしまったり認識せずにそのまま使えなくなるということはあり得ます。そうなると絶望的な気持ちになりますが、こんな時に使えるのがiSkysoft万能データ復元です。

Macでゴミ箱に捨ててしまったデータの復元方法

使い方としては、まずあらかじめパソコンに「iSkysoft Recoverit for Mac」をダウンロードしておきます。


1.ソフトを起動します。

データ選択

2.そして、復元したいデータがあるであろう場所を指定してきます。今度「ゴミ箱」を指定します。

場所指定

3.そうすると、なくなったデータをソフトが探し出してくれます。

少し時間がかかることもありますが、数十分程度あれば完了します。

データ探し

4.そして、それが復元したいデータで合っていれば復元するというボタンをクリックし、もう作業としては完了です。

データ復元

ものすごく簡単で、だれでもすぐに使えるソフトというのもiSkysoft Recoveritのいいところです。子供からご年配の方まで、説明書を読まなくてもすぐに使えるというのはなかなかない便利さです。こういったソフトはちょっと分かりにくい用語が出てきたり、知識がないと使いこなせないものが多い中で「iSkysoft Recoverit Mac」は誰でも使いやすいです。

Recoveritは有料のソフトで、値段は種類にもよりますが2000円から8000円となっています。安いものだと機能が少なく、高くなるにつれてどんどん機能が多くなってきます。一番高い8000円のものだと、どこのデバイスのデータも復元させることが出来ます。8000円というとちょっと高いですし、ハードルが高い感じがしますが実際にトラブルが起こってから購入してもオッケーで、ほぼすべてのデータを元通りに出来ることを考えると高くはありません。実際に使っているユーザーからは、むしろリーズナブルだという声も少なくありません。これまで行ってきた旅行の写真も、仕事上で大切な写真も、家族やお友達と撮った思い出の写真もすべてリスクから守ることが出来ます。

このソフトは自分用で購入する人も多いですが、操作も簡単なのでプレゼントとして購入する人もいます。こういったソフトはもしかしたら使わないかもしれないということもあり、購入するのをためらってしまう人もいますが、プレゼントとしてもらえばとてもありがたく使えます。若い人から年配の人へのプレゼント、というパターンが多いです。ゴミ箱からも消えてしまったデータがそっくりそのまま元通り、というのは「iSkysoft Recoverit for Mac」を知らない人からすると信じられないことですが、使いこなせばいろいろなリスクから守ってくれます。必要経費としてダウンロードしておいて、心配な要素を減らしておくのがおすすめです。実際に使っているユーザーからのレビューもいいものが多く、購入しておいてよかったという意見がとても多いです。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > ファイル復元 > Macでゴミ箱を復元する方法
Top