MacBookでデータを復元する方法

Jul 18,2020 • Filed to: デバイス復元 • Proven solutions

Macのノートパソコンの代表といえばMacBookです。持ち運びのよさや、操作の便利さや、多機能により多くの人に利用されています。
ですが、そんな便利なMacBookでもファイルの誤削除の心配はあります。

フォーマット時の削除や、手動での誤削除など、様々な面でデータ(画像や動画など)の削除は考えられます。その中でも一番心配されるのが、フォーマットによるデータ削除さと思います。ファーマットというと初期化です。つまり媒体にあるデータごと削除するというイメージがあるのです。

でも安心して下さい。フォーマットでも手動での削除でもMacbookファイルの復元が出来るソフトがあるんです。

それはMacBook復活ソフトRecoveritです。

これさえあれば、スキャン、プレビュー、復元の3ステップでフォーマットで削除したデータも復元できるのです。
つまり、どんなデータ削除にも対応したRecoveritソフトなんです。

Macbook復旧ソフトでMacBookファイルを復元する方法

1.Macbook復元ソフト「Recoverit」を取得

上記の「ダウンロード」ボタンをクリックし、このソフトをお使いのMacbookにインストールします。そして、このソフトを起動します。

2.削除したファイルの元場所を選ぶ

削除したファイルの場所を選ぶ

3.ドライブを検索してから、「了解」をクリック

消えてしまったファイルをスキャン

4.復元したいファイルを復旧

ドライブの検索が終わったら、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」ボタンをクリックし、復元開始します。そして、復元ファイルの保存先を選択して、「保存」をクリックし、保存ができます。

注意:回復したメールバックを元の場所にリストアしないでください。

復元したいファイルをプレビューし、復元

データの詳細は細かいプレビューが教えてくれますので、的確に欲しいデータの復元をピンポイントで選ぶ事が出来ます。時間もかからず、細かい復元ができるこのMacBook修復Recoveritソフトを是非体験してみて下さい。そしてMacBookを楽しく使用して下さい。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > デバイス復元 > MacBookでデータ復元
Top