フォーマットされたデータを復元するには?

フォーマットされたデータを復元できるか?

    USBメモリや書き込み用DVDなどのメディア製品を初めて使用する時にはフォーマットが必要となります。つまり、所有しているデバイスでそのメディアを使うための準備です。しかし、取り扱うメディアの種類や数が増えてくると分かりやすく分類したり、どこに何を保存しているかを把握したりすることが困難になり、重要なデータが保存されているメディアをフォーマットしてしまう事故が起きることがあります。「仲間と行ったお楽しみ旅行の写真を消してしまった!」、「仕事で使う大切な見積書がどこにもない!」、あるいは「10年も書きためてきた手記のデータが消えたようだ!」などのトラブルに巻き込まれた人がいるのではないでしょうか。なぜしっかり管理していなかったのかと言われればそれまでですが、消去してしまったことは事実です。冷静に後の対処法を考えるしかありません。

    考えられ得る対処法としては、諦める、データを改めて作成する、などがあります。でも、少し待ってください。あるソフトを使用すると、フォーマットによって消えたデータをリカバリーできるかもしれません。それが、万能データ復元!for Windowsです。フォーマット、 PC の誤作動、ウイルス感染、などで失われたデータを復旧してくれます。この商品はシンプルですが、性能の高い仕上がりです。数多くのファイル形式(フォーマット)に対応しており、データの復元プロセスも画面の指示に従って進めていくだけなので迷いません。もう細かい字で書かれている複雑な説明書を読みあさることから解放されます。

Download win versionDownload mac version

ステップ1.フォーマットされたデータの種類と場所を選ぶ


このソフトはウィザードモードと標準モードという二つの復元方法を提供します。ウィザードモードでフォーマットされたデータを復元しましょう!ソフトが起動できたら、「次へ」をクリックします。復元したいファイルの種類を選択します。そして、「次へ」をクリックします。フォーマットされたデータの場所を選択します。「次へ」を押します。

ステップ2.フォーマットされたデータを検索


フォーマットされたデータを復元するには、「ディープスキャンを有効にする」にチャックをいれます。そして、「開始」タブを押します。自分が指定した場所のスキャンが行われます。

ステップ3.フォーマットされたデータを復元


あとは検索結果の中から、取り戻したいファイルを探してチェックを入れ、「復元」ボタンを押すだけです。今回は細かいところを割愛させていただきましたが、機械に弱い方でも十分使用できると思います。それでも操作に不安が残るという方は、体験版をダウンロードして実際に操作してみると良いでしょう。

肝心なファイルの復元性ですが、そのフォーマットしてしまったファイルのデータの状態に左右されます。データのスキャン終了後の画面で、各ファイルが一覧表示されている中に「品質」という項目があります。高・普通・低、の3段階で表示されており、高の方がデータを復活できる可能性が高くなります。

フォーマットされたデータの復旧なら「万能データ復元!for Windows」を選ぼう!

  • 写真、動画、メール、Officeファイルなど様々なファイルの復元に対応!
  • 二つの復元方法を提供し、操作性はやすい!
  • 完全にフォーマットされたデータまたは削除されたデータなどを復元!
  • プレビュー機能を付け、自分の復元したいデータを確認!
Back to top