iSkysoft > 各形式の動画編集>

MacでFLVファイルを編集

Mac用のFLVエディタを使って、MacでFLVファイルを編集する方法

  

YouTubeや他の動画共有サイトから、いくつかのFLVビデオファイルをダウンロードし、お使いのMac(Lionが含まれている)で、FLV動画を編集することがありますか?ここではいくつかの方法をご紹介します。

MacでFLVを編集するには、プロのMac用のビデオエディタを使用すれば、簡単にできます。ここではiSkysoft「動画編集 for Mac」、iMovieやFinal Cut Proの3つの編集ソフトをご紹介します。

iSkysoft「動画編集 for Mac」は、直感的なユーザーインターフェースで、Macユーザーのための最も簡単な動画編集ソフトです。iMovieやFinal Cut Proは、どちらもAppleが提供しています。ビデオをよりよく改善するために、編集機能でいくつかの素晴らしい映像を提供しています。ただし、この二つのApple編集ツールは、FLVビデオの編集をサポートしていません。ここでは、簡単なMacでFlvファイルを編集する簡単な方法をご紹介します。

パート1:iSkysoft「 動画編集 for Mac」を使用して、MacでFLV動画を編集

iSkysoft社で開発された「動画編集 for Mac」は、豊富な動画編集機能を提供しています。Flv動画にクロップ、トリミングなどを設定できます。動画にエフェクトを追加できます。多数のビデオ形式に対応しています。

下記の「無料お試し」ボタンをクリックし、このソフトのプログラムをダウンロードし、インストールして、起動させてください。

Flv動画をソフトにインポートするには、リソースブラウザーウィンドウからメディアファイルをストリーボードにドラッグしますか?または、「ファイル」ー「ファイルを追加」ボタンをクリックします。

FLV動画をトリミングしてマージします。

不要な部分をカットオフするには、「トリム」ボタンをクリックして、動画は自動的に再生します。トリムしたいところに「マークを追加」ボタンをクリックします。二つのマークが現れます。マークを移動して、終点として設定できます。再生ボタンをクリックして、引き続きトリムすることができます。「完了」ボタンをクリックして、トリムを完了します。

エフェクトを追加します。

FLV動画にエフェクトを追加するには追加させたFLV動画をダブルクリックし、動画編集画面が現れます。「エフェクト」ボタンをクリックし、豊富なエフェクトがありますので、お気に入りのものを選択してください。他には、画面は明るすぎると、動画をダブルクリックで、「ビデオ」ボタンをクリックし、調整できます。FLV動画の背景音楽がうるさいと、「音声」ボタンをクリックし、調整できます。画面にててテキストを追加したいと、「タイトル」ボタンをクリックし追加できます。

FLV動画を面白くさせます。

FLV動画を面白くさせるように「パワツール」ボタンをクリックします。

「パワーツール」をクリックし、選択した区域がハイライト表示させますが、その他の区域はぼやけて見えるように設定できます。

「モザイク」をクリックし、画面には何かを隠すように設定できます。

「フェイスオフ」をクリックし、画面にある顔に自動的にあなたが選択した顔を追加します。

パート2:iMovieやFinal Cut ProでFLVビデオを編集します。

iMovieやFinal Cut Proは、FLVビデオのインポートをサポートしていません。iMovieやFCPで、FLVを編集したければ、「iSkysoft メディア変換 for Mac」を使い、フォーマットを変換する必要があります。ここで使用したものは、iMovieと間違いなく、多くのコンバージョンを簡素化されます。

  • 「iSkysoft メディア変換 for Mac」を実行して、直接MacのプログラムにFLV動画をドラッグ&ドロップします。
  • iMovieとFCPのための最適化のプリセットを選択します。
  • FLV変換を開始するため、「変換」ボタンをクリックしてください。

その後、iMovieやFinal Cut Proに変換された動画ファイルをインポートします。

詳しい操作デモをご参考ください。

 

お勧め製品

スライドショーメーカー for Mac

スライドショーメーカー for Mac

5980円
4980円

写真を使ってオリジナルのスライドを作成し、DVD、YouTube、Mac HD、Facebook、iPadなどで家族や友人と共有。


究極動画音楽変換 for Mac

究極動画音楽変換 for Mac

7980円
6380円

究極のオールインワンDVDおよびビデオソリューションを提供。

人気記事

Back to top