動画の画質を向上させる方法をご紹介


超簡単テクニック!動画の画質を向上させ!



撮影時はうまく撮れたと思っていても、あとで撮影した動画を確認したら映像が暗かったり、手振れがひどかったりして、見づらかったこともあると思います。 その動画を見やすくしたい方もいるでしょう。
それが子どもの運動会や入学式などの撮り直しのできない思い出の動画であれば、ならさら見やすくして残しておきたいと思うはずです。 そんな動画の画質を上げるには、動画の画質を補正してみましょう。

そこで今回は、動画の手ぶれ補正や色調補正も簡単にできる私一押しのソフト「Filmora 動画編集 for Windows」を使って、動画の画質を向上させる方法を紹介します。





動画編集

  • 初心者がプロ並みのビデオまで作成可能
  • 多種類のフォーマットに対応可能
  • 字幕・画面切り替え・フィルターなど数多くのエフェクト
  • トリム・BGM・録画などの編集機能
  • クロマキー合成・逆再生などプロ並みの機能
  • PCへの保存、DVDへの出力、Youtubeへの共有
  • 対応OS:WindowsXP/Vista/7/8/8.1/10
  • Macユーザーはこちら⇒「Fimora動画編集(Mac版)」


動画の画質を向上させる方法①:手振れ補正

inport-file

Step1:動画ファイルをインポート


① ソフトを立ち上げ、「高度編集モード」を選択してください。

 * 簡単編集モード:動画や写真を簡単に合成し、動画を作成できる
 * 高度編集モード:機能も豊富で、自由度の高い編集ができる

② メディアライブラリーの「追加」をクリックし、補正したい動画ファイルを選択し、動画ファイルをメディアライブラリーにインポートします。

「入力方法」
 * パソコンにある既存のファイルを追加
 * デジカメやiPhoneなどディバイスから追加
 * Facebookなど共有サイトから追加

③ 動画ファイルをメディアライブラリーにドラッグ&ドロップしてもインポートすることができます。

improve-video-quality

Step2:手振れ補正の範囲を指定・調整

① 取り込んだ動画を右クリックし、「手振れ補正」をクリックします。

② 表示された画面のプレビュー下のバーのところで、補正したい範囲を指定し、「手振れ補正」をクリックします。
   全部補正したい場合は、そのまま「手振れ補正」をクリックして下さい。

③ 手振れ分析後、分析前と分析後の映像がプレビューに表示されます。

④ その映像を調整したい場合は、「プレビューしてスムーズレベルを調整」のバーで調整できます。

improve-video-quality-2

Step3:手振れ補正動画を作成

① 調整後、「保存」をクリックすると、動画の作成が始まります。

② 作成された動画はメディアライブラリーに表示されます。



方法2. 色調補正



drag-image-to-timeline

Step1:動画をタイムラインに追加


① メディアライブラリーの動画の上にマウスカーソルを合わせると表示される「+」をクリックし、動画をタイムラインに追加します。

BGM音楽を編集

Step2:編集を選択

タイムラインに追加された動画を右クリックし、「編集」をクリックします。 表示された画面で動画の色補正を行うことができます。

① ノイズを除去

「画質を高める」の項目にチェックを入れると自動的にノイズを除去してくれます。
高画質とまではいかないものの、これだけで満足できる映像になるかもしれないので、他の作業を実行する前に、この項目にチェックを入れて動画再生してみましょう。

② 明るさを補正

動画の再生時、映像が暗い場合は、「明るさ」の項目のバーを右に移動させると明るく補正することができます。
逆に雰囲気を出すため、動画の明るさを抑える補正をしたい場合は、バーを左に移動して下さい。

③ このほか同画面でコントラスト、彩度、色相を調整することができます。
  プレビューウィンドウで動画を確認しながら各項目のバーを調整してみましょう。

BGM追加した動画を保存

Step3:動画をエクスポート

① ツールバーの「作成」をクリックします。

② 表示された出力画面で任意の出力形式を選択し、「作成」をクリックします。

あらゆる形式やデバイスを選択できるほか、動画をユーチューブやフェイスブックに直接アップロードできたり、DVDに書き出したりすることもできます。

今回は動画の画質向上についての機能を紹介させて頂きました。

操作が簡単なので楽に動画編集ができたと思います。
引き続き、思い出ムービーを作成してみてはいかがでしょうか。
その作成時に素材の一つとして補正した動画を使えば、さらに良い作品ができるでしょう。

 
下記ボタンをクリックして、「Filmora動画編集」を試してみましょう!

Back to top