Windows ムービーメーカーでビデオにスローモーションを追加できますか?

Windows Movie Makerがビデオファイルでスローモーションをできることはとても幸運なことです。まず最も重要なことはプログラムをコンピューターにダウンロードしてインストールすることです。インストールするときにはチュートリアルに忠実にそって行うと、障害に合わなくてすみます。Windows ムービーメーカーの無料版、有料版は各自で決められますが、双方のメリットとデメリットをよく考慮しましょう。

Part 1. Windows ムービーメーカー でスローモーションビデオを作成する手順

このガイドは無料で使用できるので、スローモーションビデオを作成するのにエキスパートである必要はありません。コンピューターにプログラムをインストールしたら、起動し、以下の手順に従ってください。

windows movie maker スローモーションビデオを作成

Step 1.「ビデオと写真の追加」ボタンをクリックしてファイルをロードします。コンピューター内のビデオを閲覧することができます。このオプションでは、ビデオをバッチインポートすることができます。また、ファイルをドラッグ&ドロップすることも簡単です。

Step 2. ファイルがタイムラインに追加されたら、速度を落とす編集を開始できます。ビデオをハイライトし、「編集」タブにある「ビデオツール」をクリックします。ビデオをどの程度スローダウンしたいかによって、オプションから適切な速度を選択できます。

Step 3. ビデオをスローダウンさせたら、必ず変更を保存しましょう。そうでないと適用したものがすべて無効になります。またファイルは簡単に閲覧できるように、コンピューターの簡単にアクセスできるフォルダに保存しましょう。

Part 2. スローモーションビデオに最適なWindows ムービーメーカーの代替品

「iSkysoft動画編集 for Mac」プログラムを使用するとき、あなたはきっと「速度変換ソフト」を探しているでしょう。このプログラムは動画とオーディオファイルの再生において早送りもできるため、ビデオのスローダウンにはぴったりです。とても効果的で、iSkysoft動画編集for MacはWindows Movie Makerの最適な代替品です。また、ジャンプカットやタイムライン、ビデオ最適化モードなどの機能も使うことができます。iSkysoft動画編集for Macではビデオの品質保証ができます。



スローモーションビデオ

ダウンロード件数

iSkysoft動画編集for Macでスローモーションビデオを作成するガイド

iSkysoft動画編集for Macでスローモーションビデオを作成

iSkysoft動画編集for Macでスローモーションビデオを作成するユーザーガイド

Back to top